占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:7 hit、合計:6,422 hit

迷い込んだ場所 ドロップ*きゃんでぃ ページ19

「んー



少し大きなあくびをしてから前を見る。
前を見…………え?


「ここどこ…?!」


見知らぬ街に来ていて。
…いやここどこやねーん!!何?!見たことないんやけど???どうすんの???

っと、とりあえず状況を把握しないと…
確か私は募集企画のテンプレを作ってて……途中で眠くなって寝たらここに……
いや何がどうしてこうなったのか分からないんだが?


「あ……おばあさん…す、すいません………!!!」

「なんだい?ああ、またかい」


通りかかったおばあさんに聞いてみた。
……また?なんのことだろ……


「あの……その、ここって…どこ、ですかね……?」

「ああ、怪夜町という町だよ。この町は迷い込んでくる人が多くてねぇ……」

「…?そうなんですか?」

「そうじゃ、とりあえずこの地図をあげるからこのお屋敷に行くといい」

「え…ありがとうございます!!行ってきます!」


そう言われて、おばあさんに地図を渡される。
が、私が行こうとした直後、



「あぁ、ちょっと待ちなさい」


呼び止められた。


「あ…はい、すいません!」

「いやいや、言い忘れとったわぁ…そういやお主、見た目の変化には気づいておるかい?」

「見たm……わ!!」


ビュオォー



いきなり強い風が吹き、髪を靡かせた。その時、視界にちらりと映した髪の色は、
紺色だった。


「え……本当だ……」

「気付いていなかったようだね。それとお主、もう1つ伝えたいことがある」

「え…あ、はい、なんでしょう?」

「お主の能力は


【透明化】だよ」



おばあさんはそう言って去っていった。私に……能力が……?
戸惑っていると少し大きな建物が見えた。屋敷のようだ。
地図を見ると方角も一致している。…それにしても、透明化、かぁ……

ふと足を見ると、あまり履かないスニーカーを私は履いていた。黒パーカーにグレーのカーディガン。…何だかオシャレでテンションが上がる。なんで上がるんか知らんけど。



「……あ。これか、お屋敷。
…それにしてもでっかいわぁ
……普通に入ってええんかな」


ブラブラ歩いていたらどうやら着いたようで。


「す、すいませぇん……」



……今は扉の前にいる状態なんだが、そのまま2分たっている。
いやさ、入りずらいよね???こんなところ…まぁしょうがないか。


コンコン

ノックとか?まぁドアはあk………


キイィィィ


あい…た…?まじで……?


?「あー……また新しい子かー…!」


出てきた子は天使の羽の生えた女の子でした。

目覚め 崩壊因子→←能力の発言 千登勢



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
11人がお気に入り
設定キーワード:作者が迷い込む町 , 募集企画 , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鳴く狐(プロフ) - 修正失礼しました。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
鳴く狐(プロフ) - ちょっと修正します。 (6月2日 11時) (レス) id: 164fe814fa (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - 修正終わりました (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
三日月桜(プロフ) - ちょっと修正にいきます (6月2日 1時) (レス) id: 4138aa2156 (このIDを非表示/違反報告)
グランディ(プロフ) - 続編作成しましたー、これからも宜しくお願いします!!【https://uranai.nosv.org/u.php/novel/vahanaito95/】 (6月1日 23時) (レス) id: 12bfae36c2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:グランディ x他8人 | 作者ホームページ:http  
作成日時:2019年5月4日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。