占いツクール
検索窓
今日:41 hit、昨日:383 hit、合計:428,839 hit

6話 ページ7

.




一通り皆への挨拶を終え自分の席を確認する




「月躬弖の席 微妙な距離感だなぁ〜」


「そうだね ちょっと残念」



今のところ 朝から一緒にいたこともあって上鳴くんと一番仲がいい


話しやすいし明るいから一緒に居やすい


そんな上鳴くんと席の距離はまさに微妙


遠くはないけど近くもない





少しずつ人も集まってきて皆楽しそうに会話を弾ませている


かく言う私も上鳴くんと一緒にいることで自然と周りに人が集まってきた




「お!月躬弖の前の席だ あたり〜!」


「瀬呂くん背高いから隠れやすそう」


「お前 授業中寝るつもりだろ!」




皆すごいいい人たちでとても楽しい


瀬呂くんに切島くんとも仲良くなれた


お茶子ちゃん以外の女の子とお話できてないのが残念だけどこれからまだ時間は沢山あるから焦らずに行こうと思う





「お友達ごっこがしたいなら他所へ行け」



急に低い声がして驚いてしまう


3人も驚いたみたいで声の出処を見る




「ここは・・・、ヒーロー科だぞ」




黒い服を着た隈がひどい男の人がいる


その…なんていうか…



「イモムシ?」


「こら!月躬弖!!」



思わず本音をこぼしてしまうと瀬呂くんに手で口を塞がれた



「ハイ静かになるまで8秒かかりました。時間は有限、君たちは合理性に欠くね」



なんかこの人見たことある気がする


雄英高校はヒーローが教師をすることで有名だからこの人もヒーローなのだろう


だから既視感あるのか


生憎 私はヒーローにあまり詳しくないので有名所かしか知らない




「担任の相澤消太だ、よろしくね



早速だが、体操服これ着てグラウンドに出ろ」





本当に早速だなあ


みんなも驚いたようで目をぱちくりしてる


当然ながら私もまだよく分かってないけど早く動かないと先生のイライラが爆発しそうなのでさっさと動くことにした





「Aちゃん!一緒に更衣室いこ!」


「お茶子ちゃん…!」


「え〜!めっちゃ可愛い子じゃん!!」


「あらホント」




お茶子ちゃんとほかの女の子達が誘ってくれたので一緒に更衣室に行った


少し緊張したけど皆とはすぐに打ち解けることが出来た


推薦で合格したヤオモモちゃんは生粋のお嬢様で性格もよくて個性もすごい


不合格の私とは住む世界が違った




少しブルーな気持ちになったけど 落ち込んでる時間はない


あまりにもぴったりすぎるサイズの体操着を着て私はグラウンドに出た

7話→←5話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (242 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
675人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

名無し - もうめちゃくちゃ好きです!!!!!(大声) (3月2日 2時) (レス) id: b192d8cc99 (このIDを非表示/違反報告)
朔月 - 夢主と轟が同率1位なら爆豪は三位になるのでは? (2月27日 18時) (レス) id: 1d90d43033 (このIDを非表示/違反報告)
- 夢主かわいいかよ (2月23日 21時) (レス) id: b1b8613275 (このIDを非表示/違反報告)
ばぐ(プロフ) - 黒武さん» 暖かいコメントありがとうございます!夢主様がヒーローデビューするまでしっかりと見届けたいと思っているので続編ともに今後もご愛読よろしくお願いします! (2月15日 8時) (レス) id: 6634cf480d (このIDを非表示/違反報告)
黒武(プロフ) - 主ちゃんの派閥妹感すごいかわいいです…。頑張って強くなって、良いヒーローになってほしいです!更新頑張ってください。続きが楽しみです! (2月15日 0時) (レス) id: 82ef289687 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ばぐ | 作成日時:2020年2月9日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。