占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:53 hit、合計:16,228 hit

願い 9 ページ10

悪魔を見たAは薄く笑った。

「そんな顔しないでよ。君、仮にも悪魔なんでしょ?もっと恐ろしいオーラとか威厳とか出せないの?」

「しっ、仕方ないだろ!俺はこういう性格なんだ!そもそも、初めは威厳ありまくりだったのに雰囲気ぶち壊したのはお前だろ!」

朝起きて目を開けた瞬間「おはよう人間!」と言うのが威厳があるかはどうとして、この悪魔はある意味素直なのだ。子供のように。

「あぁ、そうだ。A、俺の名前を付けてくれないか?」

「嫌」

「何で!?」

逆に早くいなくなってほしいのに何故名前を付けると思ったのか。というか、そんなペットみたいな感覚で人間が名前を付けてもいいのだろうか。

「いいじゃないか〜、減るものではないだろ〜。こう、パッと思い付いたものでも良いから〜。あ、だがかっこいいのを付けてくれ!悪魔っぽいもので頼むぞ」

注文が多いな。面倒だ。

「えー、じゃああのアラビアンな映画に出てくる青くてランプから出る――――」

「それ多分ダメなやつだよな!?」

やはり著作権法に引っ掛かるのか。あれは有名なアニメ映画だからな。

じゃあ何がいいんだよ……。と考えているとちょうどテレビで悪魔について話していた。偶然出たのが「オロバス」という悪魔だ。
ちょうどいい。それに近い名前にでもしよう。

「じゃあ、オルバ」

悪魔からの否定の言葉がない。悪魔の方を向くと、悪魔はキラキラと目を輝かせてこちらを見ていた。何でそんなに目がキラキラできるんだ、悪魔なのに。

「オルバ!!良い名だな!とても気に入ったぞ!これからはオルバと呼んでくれ!俺もお前のことはAと呼ぶからな!」

こんなに喜ばれるとは……。コイツやっぱり悪魔じゃなくて子供の幽霊なのでは?

「はいはい。勝手にして」

そろそろパソコンでも弄って確認しないとな、とAはパソコンを起動した。

「いやー、良かった。契約も成立したし順調だ」

「は?契約!?」

聞いてない!契約ってなんだ!
悪魔はきょとんとしてこちらを見ている。

「名前を付けたのだから、主従の契約の証だろう。俺は俺の仕事を全うするまでお前から離れられなくなったんだ。つまり、家から離れてもお前の気を辿って帰ってこれるように進化した!これで外に出放題だ!」

「……詐欺だ…」

相手は悪魔だ。下手に言うこと聞くんじゃなかった…。

「なかったことには」

「出来るわけないだろ」

Aはオルバを睨み唸るような声で言った。

「……悪魔め」

願い 10→←願い 8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - 希羽(  ̄▽ ̄)さん» うわぁぁぁありがとうございます!!嬉しいです!お読み下さりありがとうございました! (4月1日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
希羽(  ̄▽ ̄) - めっちゃ良かったです…! (4月1日 14時) (レス) id: a63dca5f86 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。