占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:77 hit、合計:15,940 hit

願い 5 ページ6

受け入れることは認めること。人間は常に否定を持つ生き物だ。感性の違いや欲望や、成長も。全てに一度否定が入る。「こうじゃない」「間違っている。だから次はこうしよう」。そうやって繰り返して生きている。
だから、受け入れて認めることは怖いことだ。死すらも受け入れている彼は人間として、何かの感情が欠けているのではと心配になってしまう。

「考え方が、人じゃないみたいだな」

辛うじて悪魔はそう返した。そうやって受け入れるだけの人生はひどく単純なものに見える。

「そう?もう人生に興味ない人は皆こうなんじゃないの」

人生を諦めている人に会うこと自体が初めてなのだ。こうなんじゃないの、と聞かれても分からない。

「さあ、俺は知らないな。お前みたいなタイプは初めてだ」

人間は老いたくないんじゃないのか。一生若いままで、病気を治して、より楽に人生を歩みたいんじゃないのか。悪魔が知っている『人間』とは違っているので分からない。
知らないことは怖い。が、面白い。この人間はきっと悪魔の知らないタイプの人間だ。この人間の願いを叶えたとき、きっと自分は今までの定番で当たり前の願いを叶えたときの何倍も満たされるだろう。

「ますますお前の願いを叶えたくなった」

するとAは、はぁ?と思い切り顔をしかめた。「何言ってんだコイツ」という顔だ。実際Aはそう思っている。

「僕だって悪魔に会うの初めてだし、悪魔ってこんなに話聞かないんだなって驚いたよ」

願いはない。それでいいのだ。自分が抱いている願いはただのワガママなのだから。
だから早く出ていってくれ。

「話を聞かないんじゃなくて、欲望に忠実に生きていると言ってくれ。その方がワイルドに感じるだろ」

「いや全く感じないから」

悪魔は、そうか?と言って太陽のように笑った。何だか調子が狂う。悪魔とはもっと恐ろしいものだと思っていたのだが、この悪魔はクラスに一人はいる愛すべき馬鹿キャラのテンションだ。

これ以上話していると自分も馬鹿になってしまいそうだ。早々に話を切り上げ立ち上がる。

「どこ行くんだ?」

「外。夕飯の材料がないから」

「外!?」

悪魔は目を輝かせた。先程から行きたいと言っていた外に行けるのだ。わくわくが止まらない。

「あまり遠くに行かないよ。スーパー近所だし」

なんて声は悪魔に届いていないようだ。子供みたいにはしゃいでいる。
全く、とAは少し微笑んだ。

願い 6→←願い 4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
64人がお気に入り
設定キーワード:悪魔 , 病弱 , BL , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

埋夜冬(プロフ) - こばねさん» ありがとうございます!予想しながら読んでいただけましたか!そして予想外でした!?計画通りです!最後までお読み下さりありがとうございました! (3月25日 9時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
こばね - めちゃくちゃに感動しました… 予想しながら読んだら全部ハズレ、まぁ予想外の展開がとても面白い作品なのですが(笑) (3月25日 5時) (レス) id: a8fdbc597a (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - あいかさん» ありがとうございます!このお話は泣かせたかったので、泣いてくださったなら計画通りです!お読み下さりありがとうございました! (3月22日 1時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)
あいか - 感動した、、めっちゃ泣きました( ;∀;)とても素晴らしいお話です!!! (3月22日 0時) (レス) id: 0e77bf2105 (このIDを非表示/違反報告)
埋夜冬(プロフ) - アリアさん» ありがとうございます!いつもコメント下さってとても励みになっています。合作も頑張ります!今後もよろしくお願いします! (3月5日 14時) (レス) id: f9a8d8c7d5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:埋夜冬 | 作成日時:2019年12月7日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。