占いツクール
検索窓
今日:599 hit、昨日:2,014 hit、合計:235,488 hit

24 ページ26

.









監督「はいOK!日辻さん相変わらずいい演技だね〜」


貴方「い、いえ…!そんな…」








アフレコ収録が終わり楽屋に戻ると宮野さんが私に気づいて近づいてきた

こ、来ないでぇ〜!!!!









宮野「ヒーツージーちゃん!」


貴方「は、はい…!」


宮野「今日もいい演技だったね!」


貴方「いえ、全然そんな事ないです」









褒められるのは嬉しいけど恥ずかしいし私なんてまだまだだもん…


それより宮野さんは相変わらず背も声も大きい


その時扉が開いて宏ちゃんが入ってきた






貴方「宏ちゃん…!」






嬉しくなっていつものように駆け寄ろうとしたけどさっきの事を思い出して足がピタッと止まった



そうだよ。宏ちゃん離れするって決めたんだから。



宏ちゃんの元へは行かず座って台本を読んでいた江口さんと裕一郎くんが目に入って迷った結果江口さんの隣に腰を降ろした









江口「え、え、え、ついに懐かれた!!」


西山「…」









私も台本のチェックをしようと開くと「おい」と声がして顔を上げると裕一郎くんがこちらを睨みつけていた







梅原「こっち」






自分の隣を指さして言う裕一郎くん
座れってこと?


私は恐る恐る裕一郎くんの隣に腰を降ろした









梅原「なんで最初から俺の方来ないんだよ」


貴方「邪魔したら悪いかなって…」


江口「それ遠回しに俺は邪魔しても大丈夫って言ってる?」








台本に目を通しながら大切な所に印や文字を書き込んでいると裕一郎くんに話しかけられた









梅原「普段ビクビクしてる癖に芝居してる時は別人だな」


貴方「マイクの前だと堂々としてられるというか…」


梅原「普段からそうしてりゃ良いのに」








それが出来たら苦労してないです。









.

25→←23



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
640人がお気に入り
設定キーワード:男性声優 , 梅原裕一郎
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はっとり(プロフ) - サチさん» 本当ありがとうございます<(_ _)> (1月17日 9時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)
サチ - 他の方からもご報告があったのですね。消して頂いて大丈夫です!すみません(汗)ちゃんとした登録をしていない為、こちらにしかコメントが書けなくて…お願い致します。 (1月17日 7時) (レス) id: 379e7fdd5e (このIDを非表示/違反報告)
はっとり(プロフ) - サチさん» サチ様教えて頂きありがとうございます。実は他の方からもご報告受けて確認しました(汗)前回と同じ方ですね…。作品内で注意喚起をしようと思うのですが名前を伏せたいのでサチ様のコメントを消させて頂いてもよろしいでしょうか?わざわざ教えて頂いたのにすみません。 (1月17日 0時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)
サチ - すみません。私の心臓が持ちません笑キュンキュンし過ぎて… (1月16日 22時) (レス) id: 379e7fdd5e (このIDを非表示/違反報告)
はっとり(プロフ) - アルさん» アル様、コメントありがとうございます。そう言って貰えて嬉しいてます!これからもよろしくお願い致します。 (1月16日 12時) (レス) id: 9acfa2932f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はっとり | 作成日時:2021年1月9日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。