占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:3 hit、合計:396,491 hit

42話 石切丸【玉兎白さんリクエスト】 ページ43

inどっかの部屋

私は今、目の前にいる激おこプンプン丸パッパに説教を受けてる。

後、話長くて足痺れて半分聞いてない。

というか、何故怒られてるか分かんない。

石切丸「主は、もっと警戒心を持ってくれ、いいね?」

『うん。わかった。今度から気をつけるよ』

石切丸「………」

『何その疑いの目は』

石切丸はこっちをじーっと見てきた。

石切丸「いや…ちゃんと話聞いたかなーって…聞いてたよね?」

『う、うん…聞いた聞いた…!じゃ』

私はそう言って立ち上がろうとした

足痺れてたの忘れてた。

立ち上がる途中で私は動きを止めた。

石切丸「……また足痺れてたのかい?」

『どーやらそのようで』

石切丸「しょーがないなー…」

石切丸はこっちに来て「座って」と言った。

私は座ると、石切丸は私の足を片方持ち、揉み出した。

『ちょ、足痺れた時に一番されたくない事を…!!』

石切丸「こうした方が早く治るよ。」

石切丸はニコッと答えた。

『待ってやめてぇ!!あー!!』

石切丸「話ちゃんと聞いてたらこんな事しなかったのに、話も長くしなかったし」

『狙ってたな!確信犯め!!』

石切丸「人聞き悪いなー…足の痺れを治してるだけじゃないか。はい、次」

石切丸は片方の足を揉み出した。

『あー!!痛くは無いけどなんかやだー!!』

石切丸「足の裏押してあげようか?マッサージになるよ」

『いらん事を追加しようとするなー!!』

私は足をじたばた動かした。

石切丸「ちょ、危ないよ!顔面に当りそうだよ」

『なら足を揉むのをやめろー!!』

石切丸「分かった分かった…でも、足の痺れ、とれただろ?」

石切丸は足を解放してくれた。

『あ、本当だ。ありがとう…?』

石切丸「何で疑問系?まぁ、いいや。と言うか、さっきの話、ちゃんと聞いてたよね?」

『………う、うん』

石切丸「正直に言って」

『全然聞いてませんでした』

石切丸「素直でよろしい」

石切丸は頭を撫でてきた。

パッパに撫でられたーワーイ

『ついでに、警戒心が無いって言ってたけど、何で?』

石切丸「君が寝てる時に霊に襲われた事だよ。危うく、死ぬ直前だったらしいじゃないか」

『あぁ…その事だったのか!』

石切丸「そうだよ。今度から、そういう事あったら言ってね。その悪霊斬るから」

『じゃあ、その時は任せたよ!石切丸!』

石切丸「あぁ、任されたよ」







石切丸→純愛

43話 堀川国広【美由紀さんリクエスト】→←41話 亀甲貞宗【ききょーさんリクエスト】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (172 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
381人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , とうらぶ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ちゃばしらk(プロフ) - りのんさん» 貴重なご意見ありがとうございます。確かに、小さすぎるかもしれません…ですので、年齢を変更させていただきます (2017年7月27日 12時) (レス) id: 6491cec0ce (このIDを非表示/違反報告)
りのん - 主の身長16才にしては、少し小さ過ぎませんか?少し無理があると思います。 (2017年7月27日 11時) (レス) id: 7d20450e5e (このIDを非表示/違反報告)
ここ松 - 楽しみに待ちますよ~! (2017年6月26日 17時) (レス) id: 352fae32d2 (このIDを非表示/違反報告)
ちゃばしらk(プロフ) - ここ松さん» いいですよ!時間がかかるかもしれません (2017年6月25日 17時) (レス) id: 6491cec0ce (このIDを非表示/違反報告)
ここ松 - リクエストいいですか?薬研さんに薬飲まされて手乗りサイズにされて瓶に入れられるヤンデレって出来ますか? (2017年6月25日 11時) (レス) id: ed1304e9db (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:田中太郎 | 作者ホームページ:   
作成日時:2017年2月27日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。