検索窓
今日:6 hit、昨日:4 hit、合計:8,115 hit

55 ページ5























恭平先輩に連れられて来たのは道枝くんに告白されたあの場所




















あ「あ、あの」




















恭平「おれ謝る気ないで?」




















あ「え?」




















恭「言ったやんな?おれAがすきって」




















あ「、、、」




















恭「俺、諦め悪いんで、本気で行かせてもらいますわ」






















結局恭平先輩の圧に圧倒されてしまって言えなかった。





















それからというもの、昼と帰りは恭平先輩が教室に迎えに来るようになった。





















道枝くんも最近は忙しいようで隣のクラスの渡瀬さんによく呼ばれてはお昼を食べに行ったりしているみたいだがその横顔は楽しくなさそうにも思えた

56→←54



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (27 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
222人がお気に入り
設定タグ:道枝駿佑 , 青春 , なにわ男子   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:うな | 作成日時:2022年5月31日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。