占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:162 hit、合計:91,349 hit

9 ページ10

(atae-side)


浦「今日はどうもありがとうございました!!」



本編が終了。



でも、まだこれで終わりやなくて、アンコールが残ってる。





莉「綾瀬さん、アンコールはもう…」


「ごめんなさい。後ちょっとだけ」



フラフラとなりながらも、それでも力強い足取りで着替えに向かっていく。



「これが終わったら仕事セーブします。迷惑かけちゃうけど……Killing Whiteの方を断るのも考えます…」



映画化が決まってて。


詩がソロ活動の中で特に思い入れの強い作品の1つ。




「だから……それでも、ライブだけはちゃんとやりたいです」



それを断ってでも、詩はAAAとして……と言うより、歌う仕事を大切にしてくれてる。







『私から歌を取ったら、何も残らないね』



もうずっと遥か昔の事。



いつ言われたのかもあまり覚えてないくらい前に、詩が言っていたその言葉は。



今でも俺は忘れられへんくて。





──歌う為に生まれてきた


──歌うことは、生きることと同じ



そう言っても過言やないくらい、詩はずっと歌の世界で生きてきた。





莉「……分かりました。今日が終われば絶対安静ですからね。実家に帰って頂きますから」


「はい」



もう説得なんて無駄やと諦めたらしい莉子さんの言葉に頷いた詩は実彩子ちゃんと千晃と一緒に移動していく。





それから数分後。


着替え終わって、待機中。



目を閉じて集中しているように見える詩を見つけた俺は、そこへ近付いていった。



邪魔せえへんように近付いたつもりやったけど。



「…真司郎」



どうやって気付いたのか、目を開けて詩は微笑んだ。



與「……詩って、」


「ん?」



その小さな頭を俺の肩に預けさせると、熱が伝わってくる。




與「死ぬまで歌ってそうやな」



少しでも楽にできるように、と体重を預けさせれば、身を委ねてくれた。



「…………ふっ……あはは」



小さく笑った詩はまた目を閉じる。



「そうかもね」


西「詩、おいで」



そろそろ時間だ、とにっしーがやって来ると、詩の手を優しく引く。



「あ、にっしー」


與「お迎えや」



この見慣れてた筈の光景も、結構久しぶりで。



──やっぱり、この2人はこうよな



しっくりと来るその寄り添った姿。





──はよ、くっついてまえ



そんな悪態を心の中でつきつつ。





MUSIC!!!のイントロが流れる。

10→←8



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (73 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
273人がお気に入り
設定キーワード:AAA , メン入り , 西島隆弘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 海音さん» ありがとうございます!次章もマイペースに更新していきたいと思っておりますので、またよろしくお願い致します! (2月20日 20時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
海音(プロフ) - 楽しく読ませて頂いてます!すごく面白いです!!次の章も楽しみです!これからも頑張ってください!! (2月19日 23時) (レス) id: 8f38073b2c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆうさん» かなり長かったと思うのですが、ありがとうございます!マイペースな展開と更新になりますが、これからも頑張って参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです! (12月14日 18時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 最初から一気に読んじゃいました!笑 とっても面白かったです! これからも頑張ってください! (12月14日 16時) (レス) id: 3d09ff0bd0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - EYさん» ありがとうございます!ゆっくりで良いとお気遣いまでして頂き、本当に嬉しいです。マイペースに頑張って参りますので、これからもよろしくお願い致します! (11月18日 20時) (レス) id: 00727ba42b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。