占いツクール
検索窓
今日:189 hit、昨日:479 hit、合計:90,458 hit

28 ページ29

(youーside)


「それに、女優として身につけた表現力はAAAにも活かせるでしょう?」


西「…本当どこまでも、」



隆弘は優しい表情で笑みを浮かべる。



西「どこまでも……詩の中心はAAAだよな」


「うん」



AAAがあるから、今の私がいる。




きっと、私がAAAを辞める時は。



芸能界を辞める時なんだろう。





ーーまあ、まだまだ辞めるつもりはないんだけど









ココアを飲みながら、台本を読んで話の流れを掴む。



その後ろで隆弘もまた、パソコンと向き合っていた。




無言の空間。


改めて言えば私達の関係は恋人同士だけれど。



何か急に変わったかと聞かれれば、実は大してそんな事はない。



メンバーには急すぎだ、なんて言われても。



家にいる時はどちらかと言うとお互いに仕事仕事ばかりで、あまり甘さなんてものもない。





だけど、この空間がとても居心地良くて。



少なくとも私は、とても仕事に集中できる。




ーー隆弘も、そうだったら良いな


なんて、そんな事を思いながら台本のページを捲った。









.









(nishijimaーside)


仕事が一段落して後ろを確認すると、台本のページが開いたまま、首を揺らしていて。



少なくとも外では見ることのない無防備な詩の姿に、クスリと笑みが浮かぶ。





西「詩、歯磨いて寝ような」


「んー……もうちょっと…」


西「今日は早く寝て、明日早起きしてやろう」


「…んん、うん…」



大人しく立ち上がった詩は洗面所へ向かう。





お互いに仕事が忙しくて、恋人らしい事なんて殆ど出来てない。



時間が合えばどちらかの家に行き来するけど、結局いつの間にか仕事をしていて。



でも。



仕事をしていても、いつも近くに詩を感じられて。



同じベッドで眠って、隣には詩の体温。



朝、時間があれば詩が作ってくれた朝食を一緒に食べる。



それだけで満たされた気分になる、なんて。



ーー俺の、ワガママだろうか





勿論、時々は恋人らしい事をしたいと思うし、詩を喜ばせるような事をしたい。





ただ。



ーーもう暫くは、この幸せを噛み締めていたい





絶対に手に入らないと、何度も言い聞かせてきた時間が、奇跡の様に手に入ったのだから。

29→←27



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (72 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
271人がお気に入り
設定キーワード:AAA , メン入り , 西島隆弘
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 海音さん» ありがとうございます!次章もマイペースに更新していきたいと思っておりますので、またよろしくお願い致します! (2月20日 20時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
海音(プロフ) - 楽しく読ませて頂いてます!すごく面白いです!!次の章も楽しみです!これからも頑張ってください!! (2月19日 23時) (レス) id: 8f38073b2c (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ゆうさん» かなり長かったと思うのですが、ありがとうございます!マイペースな展開と更新になりますが、これからも頑張って参りますので、お付き合い頂ければ嬉しいです! (12月14日 18時) (レス) id: 37dc25736a (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 最初から一気に読んじゃいました!笑 とっても面白かったです! これからも頑張ってください! (12月14日 16時) (レス) id: 3d09ff0bd0 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - EYさん» ありがとうございます!ゆっくりで良いとお気遣いまでして頂き、本当に嬉しいです。マイペースに頑張って参りますので、これからもよろしくお願い致します! (11月18日 20時) (レス) id: 00727ba42b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年11月9日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。