占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:5 hit、合計:12,128 hit

第88Q* ページ8

3年生引退の日




それはもちろんマネージャーである私達もそうであって









咲「先輩がいなくなるなんて!!!私耐えられませんっ嫌です!行かないでください先輩!!!」



奏「おい、咲紅!無茶言うなよ、先輩困るだろ!」



凪「まぁ卒業するわけじゃないし、たまには顔見せてくださいね!」



『うんっみんな短い時間だったけどありがとね。最初はこんなにも親しくなれるとは思ってなかったの!楽しい日々を過ごさせてもらってすっごく楽しかったよ!ありがとう!!』






こうして最後の部活を終えた









お昼時間、トイレをすませ教室へ戻ろうとするとむっくんと会った。



後ろにはなんだか見たことあるような後ろ姿。



うーんと唸っていると、Aちん気持ち悪い顔してる〜と上から声が降ってきた





『してないよ!そんな顔!それよりあの人って...』



紫「ん?ああ〜あの人高校のバスケ部の監督。秋田から来たらしいよ〜」




秋田!?あぁまさか!!!まさこちんか!!!



生の美人みそこねた!!!まぁおいおい見れるのだけれども!くそう!




『秋田かぁ〜遠いいね〜』



紫「そういえばAちんは高校どこにするかきめたの?」



『ん〜実はまだ悩んでるんだよね』




はい、嘘です。誠凛一択です


ただ内緒にして会った時ビックリさせたいな〜とか思っちゃったりしてます、はい、すみません。




紫「ふ〜ん、なら一緒に行く?秋田。」



『』





ぇ、プロポーズですか?ちょっまだ早いよ私達結婚できる歳じゃないじゃんんんんん




紫「Aちんが居たらお菓子食べられるもんね〜ねぇ今は何も持ってないの〜?」



『ですよね!!!はぁーちょっぴりAさん期待しちゃったよ!?夢展開キター!って』



紫「はぁ〜なにいってんの?それよりお菓子は?」



『持ってないよ!』



紫「なぁ〜んだ、じゃあいいや。またね〜Aちん」






マイペースだな!相変わらず!!!


んんんでも可愛いからゆるすけども!



はぁ、癒し。癒しが足りないよ。黒子くんどこやーい



出ておいで〜




なんて出てくるわけない。今日もお休みだもん。






そして季節は秋から冬へと変わり、明日はとうとう我ら3年生の卒業式である。

第89Q*→←第87Q*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (100 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
317人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , トリップ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

紫小夜(プロフ) - カルガモのおやつさん» ありがとうございます!どんどん更新して行きますよー*\(^o^)/* (8月6日 1時) (レス) id: ed98e1884d (このIDを非表示/違反報告)
カルガモのおやつ - 更新待ってました!これからも頑張ってください!応援してます! (8月5日 21時) (レス) id: 6995c270b5 (このIDを非表示/違反報告)
紫小夜(プロフ) - りんねむさん» ありがとうございます!長らくお待たせ致しました!もっと楽しんでもらえる様に頑張ります(^^) (8月4日 0時) (レス) id: ed98e1884d (このIDを非表示/違反報告)
紫小夜(プロフ) - イエティーさん» ありがとうございます!長らくお待たせ致しました!! (8月4日 0時) (レス) id: ed98e1884d (このIDを非表示/違反報告)
紫小夜(プロフ) - 伊波トウナさん» 初コメありです!長らくお待たせ致しましたー楽しく読んでくれれば幸いです。 (8月4日 0時) (レス) id: ed98e1884d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫小夜 | 作成日時:2019年4月29日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。