占いツクール
検索窓
今日:186 hit、昨日:100 hit、合計:38,107 hit

147ページ目 ページ2

〜Side 無し〜


坂「はい!始まりました!

AちゃんVS零ちゃん

手合わせ大会が!

実況は私坂田とうらたぬきです!」



う「は?俺やるなんていってねぇぞ!」


坂「そして解説は志麻さん、センラさんです!」


う「後で殺、す」


志「うらたん…しょうがないって…」


セ「そうそう、坂田はああいう性格だって誰だって知ってますから…」


坂「ちょっと心にグサッときた言葉があったけど…


…おおっと始まりました!


まず勝負を仕掛けたのはAちゃん!

それを零ちゃんはふさぐ!

Aちゃん、力を入れてるのか零ちゃんは押されてるぞ〜!」


う「いつも手合わせをしているセンラさん、Aはどのような戦法なのでしょうか?」


セ「結構乗り気やねw

え〜そうですねぇ、彼女のすごいところは戦法が毎回変化するところでしょうか。

ただ、ピンチになると高速移動を使って戦闘を早く終わらせようとしてくる時があるのでそこが弱点でしょうか。」


坂「なるほど、では毎回零ちゃんと追いかけっこ(笑)をしている志麻さん、零ちゃんはどのような戦法なのでしょうか。」


志「それ関係無いよね!?

えっと…零ちゃんはすごく素早いので、なかなかAちゃんの攻撃は当たらないかと思います。」


う「なるほど…


おっと、零が高速で剣を振り始めたぞー(棒)」


坂「しかしAちゃん、それらを全て避けています!


そしてここで試合終了!


Aちゃん、一瞬のチャンスを逃がさず零ちゃんの喉元に刀を当てました!」


う「A、零にアドバイスをあたえてます。」


坂「ではこれで実況を終わらせていただきます。
ありがとうございました。」




そこで浦島船は思った


"俺らは何をしていたのだろう"

…と


坂「またやろな!」



浦島船「「「2度としねぇよ!!!!」」」

148ページ目→←146ページ目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
125人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

*月風*(プロフ) - 雷亜さん» コメントありがとうございます!いえ、妹とはあまり仲良くありませんよ?口喧嘩とかすぐ始めてしまいますし(;・∀・) (4月7日 20時) (レス) id: 4086abf874 (このIDを非表示/違反報告)
雷亜 - 妹さんと仲が良いんですね(*´∀`) 私は弟がいるんですけどそこまで仲良くないです(´∀`;)ハハハ (4月7日 17時) (レス) id: e1e03b0ec4 (このIDを非表示/違反報告)
*月風*(プロフ) - 佳さん» 特に決まってませんね…。もしかしたら落ちなしかも知れません…その時はごめんなさい! (2月7日 9時) (レス) id: 05d13339e7 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 落ちって決まってたりします? (2月7日 8時) (レス) id: 1071f3a034 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*月風* | 作成日時:2018年1月22日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。