検索窓
今日:12 hit、昨日:22 hit、合計:6,119 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [更新停止]

.



日本、東京都西多摩郡――四月中旬。


住宅街から少し離れた山奥から黄昏の曇り空を黒い煙が覆い長夜へと導いている。


背後で弱まる気配のないバチバチと激しい音を立てる火の手と耳障りな消防車のサイレンが敷地の林を赤く染め上げ陽炎が揺らぎ、満開だった敷地の桜の木が萎れて散ってゆく。


微かに聞こえる入相の鐘でまだ日が暮れていないことを知る。

放水の細かな雨がその場にいる人達をまるでなだめているかのように滴った。


積み重なっていた思い出、もう積み重なることのない思い出の残痕が次々に黒い煙となって消えてゆくことにも目もくれず、その大きな瞳は地べたに這いつくばって意識を失った男を鋭い目つきで捉え、目の前の憎悪に目を光らせ手に持っていた拳銃を男に突き付けた。




【名探偵コナン】SPARK × PUNK【降谷零】
最終章2




.

■attention

✔苗字固定、ネームレス

✔all fiction

.

一応ハッピーエンドです(汗)

完結後書下ろしと番外編を載せて
冊子にしたい。

■外部リンク

・冬 磨 ( @toumaa_37 )

※低評価が多数ある場合は告知なしで一時更新を停止する場合があります。執筆状態:更新停止中

シリーズの最初から読む













おもしろ度の評価
  • Currently 9.85/10

点数: 9.8/10 (33 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1104人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:冬 磨 | 作成日時:2022年11月13日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。