検索窓
今日:57 hit、昨日:50 hit、合計:25,575 hit

20 初めての保育園 ページ21

お母さんに教えられた通りの場所に来ると、おそらく保育園の警備員であろう方に不審な目で話しかけられた。話の内容をまとめると「小学生が1人でここに何しに来た」と言ったものだった。もちろん、「体調が悪くなった母の代わりに来ました!」と言ったら通してもらえた。


そして今は恵を預かってもらっているといううさぎ組さんに向かっているところである
今世の幼い頃の記憶は全くないし、前世は幼稚園に通っていたから保育園に来るのは初めてだ。話には聞いたことがあったけど、本当に小さい子からいるんだな




そうこうしているうちに目的のうさぎ組さんに着いた


は、いいもののどうしたらいいのだろうか、、、
ここは普通にドアの近くに立っている先生に話しかけるべきなのか、それとも「おーい!恵ー!」と話しかけるべきなのか、、、どちらも結構恥ずかしい気がするけど、やっぱりここは先生に話しかけるべきかな?


「あ!お姉ちゃん!!」



考え込んでいると恵からこちらに走ってきた、かわいい。おいで恵!そのまま私の胸に飛び込んでおいで!!


「きょうはお姉ちゃんがきてくれたんだね!」


『うん』


「えっと、あなたは恵くんのお姉ちゃん?お母さんはどうしたの?」



しまった、恵と戯れていたら先生に話しかけられた。まあ、何の事情も言ってないんだから仕方ないちゃ仕方ないんだけどね



『母は体調が悪くなってしまったので代わりに私がお迎えに来たんです』


「そうだったんだね、ご苦労様。ささっ、もう1人の、、津美紀ちゃんも待ってるわよ」


『そうですね、ではありがとうございました』



津美紀はパンダ組さんに預かってもらっているらしい
うさぎ組さんは入口から比較的近いところにあったこらすぐ行けたけど、流石にパンダ組さんはわからない



『恵、パンダ組さんってどこにあるか知ってる?』


「つみきがいるとこでしょ?ぼく知ってるよ!こっち!」



と言って恵は駆け出していった。走りに迷いがない。さすがほぼ毎日ここに通ってるだけある
おっと、だいぶ速いな。早く追いかけないと

21 帰り道→←19 断じてふざけてなかった



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
100人がお気に入り
設定タグ:呪術廻戦 , 伏黒姉弟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

クロワッサンの化身(プロフ) - みょんさん» ありがとうございます!これからも少しずつ成長していく恵達を楽しみにしていてください〜! (9月1日 15時) (レス) id: bfd669d500 (このIDを非表示/違反報告)
みょん - 恵達が超可愛いっ!こんな感じだったんだろうな‼ お母さんも! どはまりしました‼ 更新頑張ってください👍 (8月26日 9時) (レス) @page32 id: 5858736ed9 (このIDを非表示/違反報告)
クロワッサンの化身(プロフ) - 七巳流さん» 詳しく言ってしまうとこれからの話のネタバレになってしまうのでなんとも言えないですね……原作で消えてしまう頃まで待っててくださると嬉しいです (7月11日 21時) (レス) id: 5e58be69f1 (このIDを非表示/違反報告)
七巳流 - 伏黒ままぁーーー。生きてぇ、くださぁーーーーーい。 (7月11日 13時) (レス) @page7 id: 910d5180ae (このIDを非表示/違反報告)
クロワッサンの化身(プロフ) - プスメラウィッチさん» 初めまして!この小説を読んでいただきありがとうございます。オチはいくつか考えてたりはしますが、五条さんオチもいいですね!ぜひ参考にさせていただきます (7月1日 18時) (レス) id: 5e58be69f1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:クロワッサンの化身 | 作成日時:2022年3月26日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。