占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:32,165 hit

十一滴 ページ12

実「…てめぇ、体力馬鹿かァ?」

『え!?それは、褒めていますか?貶してますか?』

朝食を食べたあと、私はとりあえず屋敷から森まで往復50周を走らされた。が、めっちゃくちゃ元気だった。普通の人は、20周でヘトヘトになるらしい。

そのため、修行は思いのほか順調に進んだ。私の改善点は、剣術だった。

実「そこは、刀を流して避けるとこだろがァ!!」

『はいっ…!』

何せ、まともに育手に教えて貰ってなかったため、初心者も当然だ。まだ、真剣ではなく木刀でも重心に慣れない。

そんな修行を続けて1週間。制服が届き、お面を被った鍛冶屋が来た。

鍛「…これ。持って。色。見せて。」

単語単語で喋る鍛冶屋に戸惑ったが、刀を手に取る。

すると、刀は、鮮やかな紅色に染まった。

鍛「まあ。いいんじゃない。」

と、言って去ってしまった。なんだったんだ。あの人は…

実「おお、刀届いたかァ。やっぱり、その色かァ。いいんじゃねぇか、お前の呼吸に似合うだろ。」

『そうですね。真剣も届いたし、呼吸の練習したいです!』

実「ダメだァ。無駄に血を流すな、だから御館様に心配されるんだァ」

と言いながら、頭をクシャクシャにされた。
私は、意外と死に急ぎ野郎かもしれない。(今更)

そんなことを話していると私の鎹鴉がやって来た。

鎹「任務!!ココから北にアル村に鬼出現!!」

十二滴→←十滴



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
159人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 不死川実弥   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柚木夏紗 - 二十二滴の話が非表示になってますよ!!話が飛んでしまいます!! (3月9日 5時) (レス) id: 73f9f96d98 (このIDを非表示/違反報告)
ショコ(プロフ) - すみません、二十二滴の話が非表示になってますよ (3月8日 19時) (レス) id: 46d689b6ff (このIDを非表示/違反報告)
きらー(プロフ) - 蒼さん» 勉強不足でごめんなさい!ご指摘ありがとうございます! (2月11日 9時) (レス) id: 076b2bbeaf (このIDを非表示/違反報告)
- 全集中の呼吸を誤解されているようです; 刀から実際に水が出ているのではなくて、技の動きなどからまるで水のように見せているだけなのです! (2月10日 22時) (レス) id: 26deb3f74c (このIDを非表示/違反報告)
きらー(プロフ) - 夢世_yumese_さん» ありがとうございます! (2月10日 20時) (レス) id: 076b2bbeaf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きらー | 作成日時:2020年2月9日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。