占いツクール
検索窓
今日:553 hit、昨日:1,607 hit、合計:37,706 hit

story6 ページ7

そらるside



ごめんな、まふ。


俺がさっき言ったことには嘘が含まれている。

“家族の問題に手を出すな”。そう言われたことは事実だ。

だが、“なんにも教えてもらえなかった”わけではない。







『見つけてみせてくださいよ』

『え?』

『本当に兄さんのことを大切に思うのなら、私たち兄妹の問題を見つけて、解決してみせてくださいよ。……“ゴミ捨て場”に行けばいいんです』







“ゴミ捨て場”。

俺がAさんから得られた手掛かりはそれだけだ。


“ゴミ捨て場”とはなんだ?

単純なゴミ捨て場ではないことはわかる。

俺が思うに、二人の間になにかがあったのは、俺がまふまふに出会う前だ。

まふまふは俺に出会う前、どこにいた?



「なあ、まふまふ。……“ゴミ捨て場”、この近くにあったっけ?」



注意深くまふまふの顔を見る。一瞬、顔が強張ったのがわかった。

ああ、今まで、俺はこんなことにも気が付かなかったんだな。



「どうしたんですか、急に。ゴミ捨て場くらい、外に出ればすぐにありますよ」



いつものように笑う。

…やっぱりな。疑惑は確信に変わる。


Aさんが言った“ゴミ捨て場”は不特定多数の“ゴミ捨て場”ではない。

おそらく、この世にたった一つしかない、“ゴミ捨て場”と呼ばれているどこかだ。



「そらるさん。すみません、今日は僕のせいで打ち合わせがなくなっちゃって。明日、空いていますか?」

「あー、ごめん。明日、俺、用事ある」

「え、めずらし…」

「いや、俺だって用事くらいあるから」



笑い交じりに答える。

本当はたった今、用事ができたんだ。


“まふが話してくれるの、待ってるから”。

さっき、そう言ったことを思い出した。

ごめん、また嘘をついたな。



「明日は俺、ちょっと遠出してくるんだ」



話してくれない。なら、自分で見つけるまでだ。

story7→←story5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (132 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
409人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , まふまふ ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

千々(プロフ) - 乘肄さん» やった、同志がどんどん増える!() ついでなんですけど、今日のhit数が666hitちょうどだったんで嬉しかったです(byゾロ目大好きな人)← (5月24日 15時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)
乘肄 - 千々さん» 私もきのこの山派です! (5月23日 22時) (レス) id: 07acb83777 (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - 紅い猫さん» もう共感しかないです。きのこの山の布教頑張りましょう!() (5月18日 18時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)
紅い猫 - 千々さん» ですよねぇ・・・。わかりみが深すぎる。まぁ何が言いたいかというと、「きのこの山最高」これだけですね! (5月17日 21時) (レス) id: ab853c85cf (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - 紅い猫さん» そうなんです、たけのこの里ときのこの山どっちか選んでって言われた時、きのこの山選ぶの私だけなんです! といってももうそんなこと気にしません。だって配信のおつまみにスタッフさんが選んだ、それだけできのこの山は最高ですから() 更新頑張ります! (5月17日 16時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:千々 | 作成日時:2020年5月10日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。