占いツクール
検索窓
今日:29 hit、昨日:111 hit、合計:15,201 hit

戦闘訓練 ページ15

雄英高校ヒーロー科は午前は座学、午後は実習というようにカリキュラムが組まれているらしい。

学食が終わった後は、いよいよヒーロー科の本分である実習――戦闘訓練だ。


「紫苑ちゃーん! 更衣室、一緒にいこーう!」

『は、はい! 今行きます』


透さんに呼ばれて、コスチュームを持って走り出す。

次の実習はコスチューム着用でするらしいのだ。

私のコスチュームは菜乃に考えてもらったんだけど、どんなのなんだろう…?


_


『と、透さん…。随分と思い切ったコスチューム、ですね…』


いや、これってコスチューム…服では、ないよね?

手袋と帽子、確かに個性を生かすためには致し方ないこと、なのかな?

それに透さんとまでとはいかなくても、皆さん露出が…広い…!

どうか私は露出が大きくありませんように、とコスチュームを取り出す。

これで露出が大きかったら、菜乃に文句言ってやる…!


『…あ、良かったぁ』


私のコスチュームは白地に藍色の線の紋様が所々に入っている服。

動きやすそうで、内ポケットには個性に使いそうな要言をまとめたメモ帳が入っている。

なにかをメモできるように、との配慮もあるのか、白紙のメモ帳も入っていた。

もちろん露出は少ない。


「わー! 紫苑ちゃんのコスチューム可愛い! センスいいね!」


三奈さんが駆け寄って褒めてくれる。

菜乃が褒められているんと思うと、少しうれしくなった。


『菜乃が考えてくれたんです』

「そういえばその…菜乃、ちゃん? は、だぁれ?」


透さんが不思議そうに問いかける。

よく私が口にするので、気になっていたのだろう。


『……親友であり、家族です!』


菜乃は誰よりも大切な人。

…あれ、本当はもう一人、大切な人がいたはずだったんだけどな。


_


つぶやくだけの作品つくりました。

私 の ト イ レ 生 活 。

暇つぶし程度に見てください!
たぶん見るのに時間はかからない…はず……!

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
52人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 死柄木弔
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

のまーん(プロフ) - 千々さん» 早速したぜ! (8月22日 10時) (レス) id: 40246c291e (このIDを非表示/違反報告)
千々 - んじゃ、私も紹介させてもらうぜ。 (8月22日 10時) (レス) id: 787908e789 (このIDを非表示/違反報告)
のまーん(プロフ) - 私の作品で紹介させてもらうぞはっはっはっ。許可とったからなはっはっはっ。 (8月22日 10時) (レス) id: 40246c291e (このIDを非表示/違反報告)
のまーん(プロフ) - はっはっはっ。約束通り押させてもらったぞ。あ、高評価だよ。 (8月22日 10時) (レス) id: 40246c291e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:千々 | 作成日時:2019年8月18日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。