占いツクール
検索窓
今日:114 hit、昨日:31 hit、合計:105,951 hit

45 ページ46

貴方side

「もっとも、それ以外の理由でも帰ってきていいわよ、例えば、あの人達にいじめられた、とかね。」


グルッペン達をさしながらそう笑うアリシア。


gr「安心しろアリシア!!俺達は仲間を見捨てたりなんかしないぞ!!」


「ええ、知ってるわ。だから貴方達に、エーミールを任せるのよ。ただし、泣かせたりなんかしたら容赦しないんだから。」


cn「おお怖い怖い!肝に銘じておくわ!」


自信満々に言い放つグルッペンと、わざとらしくそう言うチーノ。


『...そろそろ時間だ。さっさと乗れお前ら。』


gr「ほーい。」


cn「はーい!」


em「了解しました!...それではお嬢様、また会いましょう。」


「ええ、また会いましょう。」


全員が乗り込み、馬車を動かす。

ちらっと後ろを見ると、こちらに手を振っているアリシアと、メイドがいた。

メイドの方は、俺が見ていることに気がつくと、深深とお辞儀をしていた。

--------キリトリ線--------

gr「これで救出2人目だな!!この調子でどんどんやっていくぞ!」


『そういや聞いてなかったが、全部で何人いるんだ?その助けたいヤツらって。』


em「私達を含めて、14人になりますね。」


『うへぇ...そんな多いのか、長い旅になりそうだぜ...。』


cn「まぁまぁ、旅は道連れ世は情けって言いますし、頑張っていきましょ!」


14人か...つまり残り11人って訳だ、長くなる予感しかしない...。


gr「よし、早速だが、次の奴らの情報を探さねばな!」


『その件だが、それっぽいのを聞いといたぞ。』


gr「ナイスだA!もしかしてどっか行ってたのは情報収集のためだったのか?」


『まぁ、そんなとこだ。』


cn「勿体ぶらず教えてくださいよ!次はどこに行けばいいん?」


待ちきれないといった様子でチーノが急かしてくる。


『なんでもβ国でオークションがあるらしくてな、そこで軍の幹部が目玉商品として出されるらしい。』


em「何か特徴とかは聞いてないのですか?」


『特徴は...そうだな、



紫のヘルメットと、サッカーのユニホームを着ているらしい。』

続編移行→←44



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (183 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
470人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 軍パロ , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

やむやむ(プロフ) - よっきーさん» ありがとうございます!前作の方から見ていただいて嬉しい限りです...!続編も頑張っていきますので楽しんでくれたら幸いです! (5月20日 13時) (レス) id: f48020f909 (このIDを非表示/違反報告)
よっきー(プロフ) - 脅威的暗殺者の方も読んでました!そして新作を作ったと言うので読んでみたらすっごい面白いです!!続編も楽しみにしてます! (5月20日 5時) (レス) id: c7ca82405e (このIDを非表示/違反報告)
やむやむ(プロフ) - ゆなさん» ありがとうございます!うぇい! (5月15日 9時) (レス) id: f48020f909 (このIDを非表示/違反報告)
ゆな - 悪魔カッケェ作者さんもすごい…(☆○☆)オモロイ!ウェイ (5月15日 8時) (レス) id: 701acce8ac (このIDを非表示/違反報告)
やむやむ(プロフ) - 紫さん» セリフ風にコメントくださるとは...しかも名前も紫だし、なんだか新鮮で面白かったです、ありがとうございます!これからも頑張ります! (5月9日 22時) (レス) id: f48020f909 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:やむやむ | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年3月18日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。