占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:34 hit、合計:15,669 hit

7. ページ7

.


【天 side】


.


「あれが天の好きな人か」





「んぐっ?!」






突然の楽の言葉に飲んでいたお茶が出そうになる。







「えっ、天、あの子が好きなの!!!

へぇ〜頑張ってね、!」





「いや、龍納得しないで。」




平常心を保ち、そう言うと、楽は目を丸くして





「え、好きじゃないのかよ。」






と言った。







「いや、そういう訳じゃ、、、」






「俺はいいと思うよ〜!応援する!」






「ちょっと龍黙ってて。」









ちら、とAさんの方を見ると、なにやら親しげに男性と話していた。







メガネに帽子を被った男性はAさんに気安く話しかけている。





Aさんも、笑顔で受け答えしていた。






どうやら、お客さんではないようだ。







その様子を見て、腹が立ちつい楽の足を踏んでしまった。







「いってぇよ!!!」





「あ、ごめん。わざとじゃない。」






「ふざけんなこのガキ、、、っ!、」






男性は、Aさんの頭をクシャクシャに撫でると、お店を出ていった。








、、、、、、、、、なにあれ。







「て、天?


顔が怖いよ?」







「ほーら、やっぱり好きなんじゃん。素直になれよ。」








「、、、、、、好きだよ。」








ボクは、Aさんを見て、呟いた。









「必ず、ボクのにするからね。」






.

8.→←6.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (70 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
327人がお気に入り
設定キーワード:アイナナ , 九条天 , 亥清悠   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆ に | 作成日時:2019年7月10日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。