占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:323,524 hit

10.自覚 ページ10

部屋に駆け込んでから、ヘナヘナと床に座り込んだ途端、さっき言われた言葉の数々が浮かんできて、目から涙がポロポロ溢れだした。

「......これ、持って来ちゃった」

無意識に持ってきていたノートを、ペラペラとページをめくれば、細かすぎるくらいにびっしり書かれた自分の文字に、虚しくなって思わず笑みがこぼれる。バカバカしい。こんなもの、いっそ破ってしまいたい。

「ーーーAクン!」

突然部屋に響いた、ドアの開く音と大きな声。驚いて、ドアの方向に顔を向けると、そこには黄瀬くんが立っていた。

「...ちょっ、なにしてんだよ!!」

わたしのことを見た途端血相を変えて近づいてくるや否や、伸びてきた大きな手に叩き飛ばされたノートが開いたまま、すぐそばの床に着地した。どうやら、わたしが本当にノートを破ると思ったらしい。

腕を掴んだまま黙っているのを不思議に思って顔を盗み見れば、黄瀬くんはわたしのノートの中身を凝視していた。それから少しして、頭上から聞こえてきた「ごめん」という小さな声に驚いて顔を上げると、目に飛び込んできた表情に双眸を見開いた。

「黄瀬くん?」
「...Aクン、ごめん」

ーーーなんで黄瀬くんが泣きそうな顔してるの?

やめてよ。その表情につられて、止まっていたはずの涙がまた溢れてくる。すると、頭を優しく撫でられてから、ふいに腕を引かれて引き寄せられた。

「......誰よりも努力してたんスよね。今更だけど、ちゃんとわかったから」

だから泣かないで、ごめんね、とあやすように繰り返し言われる言葉に。ポンポンと背中を叩く一定のリズムに。スンと鼻をすすればふわりと香る甘い香りに。なんだか胸が苦しくなる。

「......黄瀬くん」

ーーー誰かわたしを見て。

簡単な願いのはずなのに、ずっと叶えられなかったわたしのたった一つの願いごとを、黄瀬くんなら叶えてくれるのかな。

好きな人がいるなら、友情でもいい。近くにいれるなら何でもいいから、わたしを一人の人間として見て欲しい。

こんな言葉一つで、自分は本当に単純なやつだと思うけど、今回ばかりはしょうがないと思う。

わたし、黄瀬くんのことが好きかもしれない。

11.懐いた犬→←9.負けない



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (439 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
580人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , 黄瀬涼太 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - たくっちさん» コメントありがとうございます〜!! そう言っていただけると嬉しいです! ほんとにありがとうございます!! (2015年12月29日 22時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
たくっち - めっちゃ良い話じゃないですか。感動しました!これからも感動するような作品よろしくお願いします。応援してます! (2015年12月27日 18時) (レス) id: 14821b434b (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 朱いメダカ@ペンタブ禁止令さん» コメントありがとうございます^ ^ そういっていただけると、すごく嬉しいです〜!! ありがとうございます! (2015年5月12日 0時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
朱いメダカ@ペンタブ禁止令(プロフ) - 今日読み始めて一気に最後まで読んでしまいました!!凄くキュンキュンして泣けて…凄く面白かったです!! (2015年5月11日 23時) (レス) id: edbb06b586 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - にょんさん» コメントありがとうございます^ ^ ほんとですか!? すっごく嬉しいです、ありがとうございます!! (2015年5月7日 23時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2015年2月15日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。