占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:9 hit、合計:323,537 hit

22.遠まわしの ページ22

「オレ、好きな子いるんスよ」

そのあと、静かな台所に黄瀬くんの小さな声が響いた。語りかけるように言われた台詞に「知ってる」とだけ簡単に相槌を打つと、それを確認してから黄瀬くんはそっと目線を上げた。

じっとこちらを見る、切れ長の大きな目。その何か言おうとしている表情とは裏腹に、不安そうに揺れる瞳は、まるで話したくないと訴えているかのように見える。

ーーー本当に今日の黄瀬くんは変だ。

向こうが話し出すのをじっと待っていたら朝までかかってしまう気がして、何か言おうと頭をフル回転させてみるが、全く解決策が思い浮かばない。こういうときって、どうすればいいんだろう。経験がないからわからない。

そして、そうこうしている間も黙ったままの黄瀬くんが心配になって視線を戻せば、何となく想像していた通りの表情に、やっぱり、とわたしの思考が停止する。

「......言いたくなかったら、言わなくても大丈夫だけど...黄瀬くん?」

わたしの言葉にぱちくりと一回瞬きをした黄瀬くん。その拍子に瞳に張っていた透明な膜が溢れて、ぶわっと大きな雫が盛大にこぼれる。黄瀬くんは泣いていた。

「ーーーどうしたら振り向いてくれるんスか」

それから、苦しそうな表情を浮かべた黄瀬くんが伸ばした手がわたしの手首を掴む。掴まれたところから感じる熱に、一瞬だけ自分に言ってるのかと勘違いしてしまいそうになったけど、すぐにそれはあり得ないと考え直した。

「...あいつより、オレの方が絶対好きなのに」
「うん」
「幼馴染みなんて反則っスよ」
「へぇー...黄瀬くんの好きな人は、自分の幼馴染みが好きなんだ」
「そう。しかもスゲェ仲良いんス」

ヒドイでしょ、とギュッと手のひらに力を込められて、いつの間にか手が絡まっていたことに気が付いた。

「黄瀬くんみたいな人に好かれたかった」

動揺したせいか、思わず口からこぼれ出てしまった言葉。それを聞いて、勢いよく顔を上げた黄瀬くんと目が合う。

本当は「黄瀬くんみたいな人」じゃなくて「黄瀬くん」なんだけど、今の黄瀬くんを困らせなくない。

「オレもAっちみたいな人に好かれたかった」

ーーーあぁ、我慢してたのに。さっきから聞いていた好きな人の恋愛の話にすごく泣きそうだったけど、ちゃんと我慢してたのに。

なのに、ニコッと笑った黄瀬くんの口から出た畳みかけるような言葉を聞いて、わたしの目から一粒の涙が溢れた。

23.デート→←21.切ない気持ち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (439 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
580人がお気に入り
設定キーワード:黒バス , 黄瀬涼太 , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - たくっちさん» コメントありがとうございます〜!! そう言っていただけると嬉しいです! ほんとにありがとうございます!! (2015年12月29日 22時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
たくっち - めっちゃ良い話じゃないですか。感動しました!これからも感動するような作品よろしくお願いします。応援してます! (2015年12月27日 18時) (レス) id: 14821b434b (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 朱いメダカ@ペンタブ禁止令さん» コメントありがとうございます^ ^ そういっていただけると、すごく嬉しいです〜!! ありがとうございます! (2015年5月12日 0時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)
朱いメダカ@ペンタブ禁止令(プロフ) - 今日読み始めて一気に最後まで読んでしまいました!!凄くキュンキュンして泣けて…凄く面白かったです!! (2015年5月11日 23時) (レス) id: edbb06b586 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - にょんさん» コメントありがとうございます^ ^ ほんとですか!? すっごく嬉しいです、ありがとうございます!! (2015年5月7日 23時) (レス) id: 6bc2673fc1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2015年2月15日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。