占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:26 hit、合計:2,923 hit

《其ノ壱 牛鬼》 ページ3

.



自身の足元を見ると、初めて見た時と何一つ変わりない石の階段が目に入った。苔がところどころ生えており、手すりは錆ている。昔に造られた階段だと察するのにそう時間はいらなかった。

顔を上げると、赤と黒の境目がはっきりとした鳥居が目に入る。少女は驚きに目を見張った。


こんなところに、神社なんてあっただろうか。


微かな警戒の色をのせて、鳥居をくぐった。真っ先に視界に入った景色は神社そのものだった。深い緑の色をした樹は青々として何とも言えない香りが漂った。葉と葉が風によって優しくぶつかり合い、互いを揺らし合っている。境内はそこまで広くはなく、目立つものは強いて言うならば拝殿(はいでん)くらいだろう。すっかりと静まり返った神社は、何故だか他とは別世界のように感じれた。誰も居ない気配を彷彿とさせる境内なのに、隅々まで掃除が行き渡っている。


折角神社に来たのだから、お参りでもして行こうか。


少女は真っ先にそう思い、拝殿へと向かった。だが、賽銭箱や鈴緒が見当たらない。不思議に思ったが少女は特に気にせず二礼二拍手一礼を行った。慣れた手付きでお参りを終わらせ、少女休憩がてらには少しだけ神社を見て回って行こうと考えた。

そういえば、と少女は思案を巡らせる。来た当初は見ることもしなかったが、拝殿へ向かって振り返った時に、鳥居を挟むように狛犬が置かれていることに気が付いた。狛犬の前まで歩き、狛犬だけを見据えた。狛犬を見て、少女は首を傾ける。疑問が少女の頭に浮かんだ。


これは本当に犬なのだろうか?


頭から角を生やし、口から牙を生やして険しい顔立ちで立つ狛犬。明らかに犬ではないと言える証拠として、人型をしていた。ただでさえ犬かどうか疑惑があると言うのに、その狛犬?は手に金棒を持っていた。

こんな動物、現世に存在するのだろうか。強いて言うならば、【鬼】という生物に似ている気はするが。


「鬼、なのかなぁ…」


少女は気が付けば言葉を発していた。だが、言葉を発していたところで、返事が返されるとは思わない。


「これはお前の思っている通り、鬼だ。鬼なんぞ生物、中学生の割にはよく知っているな」

「そうですか。ありがとうございます。」


高くも低くもない、中性的な声が真後ろから聞こえ、少女は何事もなく簡潔に礼を言って会話を終わらせた。



.

《其ノ壱 牛鬼》→←《其ノ壱 牛鬼》



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
15人がお気に入り
設定キーワード:和風 , オリジナル , 怪奇物   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いふ(プロフ) - 幻想作家さん» アドバイス感謝いたします…!私は昔の言葉に弱いので、そういうアドバイスなどは大変ありがたいものです!応援誠に感謝いたします。これからも学びながら書いていくのでお見苦しい所があるかもしれませんが、頑張らせていただきます! (1月17日 22時) (レス) id: ca7a82974a (このIDを非表示/違反報告)
幻想作家 - 指慣らしはフィンガースナップといいますが和風なら「指を鳴らす」だけで大概は伝わるでしょう。オリジナルでここまで細かく面白いものは中々作れないと思います。ブックマークするので頑張ってください。 (1月17日 20時) (レス) id: ab3b389dea (このIDを非表示/違反報告)
いふ(プロフ) - 人見さん» ぴ゛ゃ!?コメントいただくとは思っても見なかったのでリアルで変な声が出てしまいました…。ご感想ありがとうございます!マイマイ並みの更新速度ですが、頑張らさせていただきます!! (1月14日 16時) (レス) id: ca7a82974a (このIDを非表示/違反報告)
人見(プロフ) - 「〜しやがれ」とか些細な表現がコミカルで面白いです!更新頑張ってください!応援しています (1月14日 13時) (レス) id: 882ef10c58 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いふ | 作成日時:2021年1月5日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。