検索窓
今日:2 hit、昨日:42 hit、合計:19,287 hit

177.微笑む桔梗 ページ27

 どこまでも果てしない

 広く、青い空を瞳に映す。


 すると一羽の鴉が翼を羽ばたかせながら

 こちらに向かって飛んできた。

 鴉は俺の肩にとまると頬に擦り寄った。


「和咲か。」

 Aの鎹鴉だった和咲の頭を撫でると、

 和咲は目を瞑りながら喉を鳴らした。

 鎹鴉はついていた隊士が亡くなった場合、

 また別の隊士につくこともあるが彼女はそれをしなかった。

 
「ん?何か持ってきたのか?」

 
 和咲は俺の胸ポケットに一輪の花をさした。

 そこに目を向けると、

 青紫色の桔梗の花が品よく微笑んでいた。


「俺にくれるのか?」


「アゲル。任務頑張ッテネ。

 杏寿郎ニハAガツイテイル。」


「うむ。ありがとう。要と仲良くな!」

 俺がそう言うと、和咲は照れた様子で慌てて羽ばたいた。




 これからしばらくは生家に戻れそうもないので、

 父と千寿郎に会いに行こう。


 


 生家に着くと、庭で千寿郎が素振りをしていた。

「千寿郎、ただいま!」

「…兄上!おかえりなさい!

 気配に全く気付きませんでした…!」

「うむ。集中していたのだな!素晴らしいことだ!」


 
 縁側で千寿郎と何気ない話をしていると、

 あっという間に時間は過ぎていった。

 幸せな時間というのは、

 どうしてこうも短く感じるのだろうか。


「さて、そろそろ出立しなければならない!

 父上に挨拶をしてから行くとする!」


 俺の言葉に千寿郎は少し寂しそうな顔をした。


「千寿郎!」

「はい!」

「次に任務から戻ったら、街へ出掛けよう!

 新しい本や文具、欲しいものを買いに行こう!」

「良いのですか?兄上は忙し…」

「千寿郎は俺の大切な弟だ!

 大事な家族との時間は惜しみたくないのだ!」

「兄上…」


 千寿郎は俺に抱きつくと、嬉しそうに頷いた。







「父上、杏寿郎です!失礼します。」


「なぜ戻ってきた。」


「ここは俺の生家だからです!

 父と母に育ててもらった大切な場所だからです!」


 父は自室の床に臥したまま、庭先を眺めていた。

 その傍らには酒瓶が転がっている。


「戻ってきたかったら、まずは鬼殺隊などやめるんだな。

 どうせ大したものにはなれない…

 あいつがいなくなって分かっただろう。」


「槇寿郎様、本当はそんなこと思ってもいないでしょう?」


「お前に何が分かる…!!」


 父は突然大きな声を張り上げた。

178.世を照らす明るい炎→←176.己の責務



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (77 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
115人がお気に入り
設定タグ:煉獄杏寿郎 , 鬼滅の刃 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

狐姫(プロフ) - misakimiさん» 最後までお付き合いいただき、感謝申し上げます。主人公に感情移入し、物語に入ってもらってこそ、この小説の醍醐味と思い作っていたので、大変光栄です!あたたかいコメントにいつも励まされておりました。ありがとうございました! (7月16日 7時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
misakimi(プロフ) - 読了が遅くなりました。お疲れ様でした。長らく愉しませて頂きました。現し世でなくても、ハッピーエンドとは!こういう纏め方もあるのかと感心です。彼女の気持ちに入り込んでいたため、逢いたいけど早いよと涙しました。 (7月15日 16時) (レス) @page50 id: cb1d4026ae (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - 美桜さん» ありがとうございます!起承転結の「転」は恐らく読者様の予想を超えるものになってしまったかもしれません。しかし、美桜さんのように嬉しいお言葉をいただけると、作者として本当に幸せです♡最後まで読んでくださり、ありがとうございました! (7月10日 15時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - 完結おめでとうございます。途中思わぬ展開に驚きましたが、最後は悲しさもあるけれど、なんだか暖かな気持ちになりました。あとがきの狐姫様の言葉に色々と考えるきっかけになりました。次の作品も楽しみにしています。素敵な作品をありがとうございました♡ (7月8日 21時) (レス) @page50 id: 4bde5e03bb (このIDを非表示/違反報告)
狐姫(プロフ) - エリスさん» エリスさん!感動したと言っていただき、大変光栄です♡完結まで書けたのも、エリスさんをはじめ、応援してくださる読者様のお陰です!感謝申し上げます!番外編、新作等でもまたお会いできると嬉しいです(*˙˘˙*) (7月8日 19時) (レス) id: 12299479a5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:狐姫 | 作者ホームページ:https://mobile.twitter.com/kohime_yume  
作成日時:2022年6月12日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。