占いツクール
検索窓
今日:231 hit、昨日:214 hit、合計:16,373 hit

作品のシリーズ一覧 [連載中]

人は産まれ付き平等では無い。


それは十八年と言う短い人生を送った中で思ったことだ。


……何で、産まれて来てしまったのだろう?


僕は幼い頭で考えたものだ。


でも、今は何も感じない。


だって、考えたってしょうがないじゃ無いか。


消えない傷(異能力)を持ってしまったのだ。


そんな僕に幸福な人生を送る資格もない。


それに、僕の命は元々長くない。


この傷を抱えて生きていくなら死んだほうが余程ましだ。





※※※※※※※※※
初めまして飛沫です。

この話も第三章に突入いたしました。これからもどうぞご愛読してくだされば幸いです。

誤字脱字は指摘して下さると嬉しいです。

第一章
不平等なこの世界に祝福を 文スト

第二章

不平等なこの世界に祝福を 弐 文スト

入社試験編
1914年2月14日の出逢い 【文スト】


僕と私の『罪』と『罰』フョードル・ドストエフスキー執筆状態:続編あり(連載中)



















































おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (26 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:飛沫 | 作成日時:2020年3月16日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。