占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:494 hit、合計:88,669 hit

10 ページ11

2日後、朝6時

私もサポート科に行くためゴミだらけの海浜公園に来た

オールマイトに頼んだら

オール「いいよ!OKだぜー!!」

と言って貰えた

凄く嬉しいー!!!

で、オールマイトにここで待っまててと言われたけど…

『来ない...』

出久の悲鳴とオールマイトの笑い声が聞こえる

『オールマイト!私なんでここに待ってるんですかー!!』

オール「あー、緑谷少年が持ってくる予定だったけど…まぁ最初のうちはこっちでいっか!」

あ、出久が持ってきて私が調理すると

なるほど

オールマイトが砂場の方に連れていってくれた

『ありがとうございます!…出久へにょへにょですね…』

オール「これからが楽しみさ!君も頑張るんだぞ!」

『はい!』


機械を分解したり組み立てたりして色んなものを作っては壊れての繰り返し

『んー...上手くいかない!』

あの壊されたドローンの2号機を作っている最中

参考書や工具はお小遣いでやりくりしたよ!

そのため財布と貯金箱はスッカラカン...!

出久はこの海浜公園を綺麗にするらしい

粗大ゴミの山…だけど私にとって宝の山だ!

まぁ潮風にやられてるのがほとんどだけど...

はぁ...

『...よーし!やるぞー!!』






オール「─────────緑谷少女!」

『…!?は、はいぃ!!』

オール「もうそろそろ終わろうか」

夢中になってた…

オールマイトは私を車椅子のところまで連れていってくれた

オール「それはなんだい?」

『このバディはですね、ドローン2号機です…幼馴染に踏み壊されたので…』

許すまじ…かっちゃん

『壊されたのは幸い羽の部分で直せたんですが。飛行力が初代よりもなくってですね…』

オール「見せてくれないかい?」

『いいですよ!』

私は2号機を起動させた

ピッ

ブーン…ガッガッガッ…ブ…ブーン

ガチャン

数メートル先で2号機は落ちてしまった

『こんな感じです。前はスィーってスムーズに飛んでたんですけど…』

オール「でも凄いじゃないか!私は機械をよく知らないけれど、ここの部分がぎこちないように見えたよ」

オールマイトはぎこちないと思ったところを指さした

『ありがとうございます!…確かにそうですね…ここのモーターとの間が...(ぶつぶつ』

オール「さすが双子…って感じだね!」

『…はっ!すみません…えへへ...』

出久「おまたせ…A…」

『ヘトヘトだね。お疲れ様』

出久(Aって癒し効果あるのかなぁ...)

オール(本当に仲良しなんだなぁ)

11→←9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (90 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
325人がお気に入り
設定キーワード:ヒロアカ , 爆豪勝己   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

由瑞 - 凄く面白かったです。続き楽しみにしています! (4月12日 17時) (レス) id: 8d4739ba12 (このIDを非表示/違反報告)
紳魁(プロフ) - 面白くて好きです!24が飛んでますよ!頑張ってください! (2月3日 22時) (レス) id: 0b65241dbc (このIDを非表示/違反報告)
レエン - 面白い!好きです!更新頑張ってください、応援してます! (1月17日 21時) (レス) id: 0e56321508 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:珠羅 | 作成日時:2019年12月16日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。