占いツクール
検索窓
今日:194 hit、昨日:383 hit、合計:262,870 hit

この人達ならもしかしたら ページ13

A side

そっと話を聞いていた。

シルク「俺達は裏切らない」

仲間?…裏切らない?…意味が分からない…

そう思った私は扉を開けて話し始めた

ペケ「あ…Aさん…」

A「裏切らないって何?…助けるって何?…仲間って何?…」

ザカオ「…Aさん、そこに立ってたらしんどいでしょ?こっち座りな?」

そう言ってザカオさんは、席を空けてくれたので大人しく座った。

シルク「Aさん…何があったの?」

A「…言えない…です」

言えない…言いたくない…言ったって何も変わらない…私のことを嫌う人が7人増えるだけだ…

モトキ「いいよ、じゃあまた言いたくなったら話して?はい、これココア。水に濡れちゃったから寒いでしょ?熱いから気をつけてね」

モトキさんが、いつの間にか作ってくれたココアを出してくれた。

A「…ありがとうございます…」

マサイ「じゃあ、話変えるね?何であそこにいたの?」

A「…消えようと…したんです…」

マサイ「本当に?」

A「……本当…です…」

あれ…何で?…即答出来ない…さっき言葉に出てしまった「助けて」に引っかかってるのかな…

ダーマ「Aさん、俺達は本当に助けたいと思ってるよ?だからあの時みんな真剣に走っていったし、シルクは自分の拳を使ってまでも止めた」

あっ…拳…

シルク「…ごめん、Aさんのこと殴ってしまった…どんな状況でも女の人に手をあげるなんて最低だった。本当にごめん。」

ンダホ「でもね、みんなAさんの笑顔がもう一度見たいんだよ。ここにいる全員助けてもらった。今度は俺達がAさんを助ける番なんだよ?」

A「…ダメだよ…そんな優しいこと言ってもらえる人間じゃない…私と関わったら不幸になる…」

モトキ「何で不幸になるって思うの?」

A「私は…キラキラに輝いてる人とは違うんだよ…ずっと闇が追いかけてくる…その闇がキラキラと混ざったら闇で染まってしまう…闇には勝てないんだよ…」

シルク「闇が追いかけてくるなら、俺達が引き上げてやる。不幸になるなら、俺達ならそっから這い上がれる。俺達は闇に染まることなんてない。」

何でだろう…人なんて信じれないって思ってたのに、もう終わりにしようと思ってたのに…この人達ならもしかしたらなんて思ってしまった。

今日起こったこと→←いつまで見ればいい?



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (66 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
318人がお気に入り
設定キーワード:Fischer's , フィッシャーズ , シルクロード   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

canty(プロフ) - 和世さん» こちらこそありがとうございます!これからもよろしくお願いします(´˘`*) (8月15日 21時) (レス) id: 9fb8c80b7b (このIDを非表示/違反報告)
和世 - リクエストに答えて頂きありがとうございます! これからも楽しみにしながら待ってます! (8月12日 9時) (レス) id: c4a9e12989 (このIDを非表示/違反報告)
canty(プロフ) - ミナミさん» ありがとうございます!頑張ります! (2018年6月17日 21時) (レス) id: 9fb8c80b7b (このIDを非表示/違反報告)
ミナミ - 早く続きみたい!!なんか進展していく感じがたまらなく好き!こういう系好きなのでこれからも頑張ってくださ! (2018年6月16日 20時) (レス) id: 62ab87529d (このIDを非表示/違反報告)
canty(プロフ) - はらさん» 申し訳ごさいません。編集の際に誤ってオリジナルフラグにチェックを付けてしまっていたようです。今は、もう外しております。ご報告ありがとうございます。確認を怠らないようにしたいと思います。 (2018年6月14日 23時) (レス) id: 9fb8c80b7b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:canty | 作成日時:2018年6月11日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。