占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:10 hit、合計:24,056 hit

100と3 ページ12

そんなこんなで、雄英体育祭、その当日。

1ーA控え室。


「うわめっちゃ浮くやん」

体操服のクラスメイトの中で一人だけコスチュームを着ている私がケラケラと笑う。
隣の耳郎ちゃんが、ちょっと複雑そうにしている。

「三空…、本当に出ないの?」

「出ない出ない、常識的に考えてプロヒーローが生徒の体育祭に出ちゃ駄目でしょ」

「ああ"!? 俺を舐めてんのかゴーグル女!」

おお、私のあだ名はゴーグル女か。確かに、いつもゴーグル着けてるもんね。
でも流石に軍服風のコスチュームには似合わないから、今はつけてないんだけど。

「あのゴーグル、格好良いでしょ。幼稚園に通っていた時からの付き合いなんだよ」

「んなこたァ聞いてねえよ!!」

「知ってる」

にこ、と愛想良く笑うが、お気に召さなかったのか手の平で小さく爆発が起こった。花火みたい。

「おお、たーまやー!」

「…ッ死ね!!」

感情の鋭さが一気に増す。“個性”を発動した手が振り上げられる。上鳴くんと砂藤くんが、私を庇おうと咄嗟に腰を浮かせる。

しかし、爆豪くんは私を殴ろうとして、その一瞬前で我に返って手を止めた。
うん、こんなところで同級生を殴ったら、下手したら体育祭に出場出来ないもんね。爆豪くん、不戦勝とか不戦敗って一番嫌いそうだもんなあ。

殴られそうになったのにピクリとも動いていない、動揺すらしていない私を見て、爆豪くんは更に怒りを膨らませた。しかしその苛立ちを目の前に居る原因に向ける訳にもいかないので、手を握ってブルブルと堪えるように震えている。

その苛立ちを戦意に変換して、目指せ優勝!

最有力候補への、私からのエールだよっ!


…ちなみに、からかいたいのとエールを送りたいのとの比率でどっちの方が重いのかと言えば、そんなこと決まっている。

100と4→←100と3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (30 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
157人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

零奈 - 紺青さん» 嗚呼、環くんが期待通りの可愛さ……。流石です! (7月29日 22時) (レス) id: ea99f94738 (このIDを非表示/違反報告)
紺青 - 零奈さん» 待たせてしまってすみません! 楽しみにしててくれてありがとうございます! (7月29日 12時) (レス) id: 2583f0b797 (このIDを非表示/違反報告)
零奈 - 環くん! 環くんが! そろそろ出るんですね!! 今から楽しみです! (7月28日 22時) (レス) id: ea99f94738 (このIDを非表示/違反報告)
零奈 - 紺青さん» 是非是非、座右の銘にどうぞ! (7月11日 22時) (レス) id: ea99f94738 (このIDを非表示/違反報告)
紺青 - 零奈さん» その言葉を千悠が聞いたら、「それ座右の銘にしようかな…」って真剣に悩むと思います(笑) (7月10日 16時) (レス) id: 2583f0b797 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紺青 | 作成日時:2019年6月19日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。