占いツクール
検索窓
今日:80 hit、昨日:322 hit、合計:985,564 hit

オシオキ 2 ページ2











JK「早く出てきて」




『や、待って!』




JK「着れたんでしょ」






待ってという言葉も虚しく、強引にドアを開けられる。





私を見るやいなや、見下すように強い視線で睨んで無言で腕を掴んだ。





ギリギリと腕に食いこむジョングクの指。





短く切りそろえられた爪が、私の腕に跡をつけた。






苦痛に顔を歪めつつも抵抗はしない。





いや、してはいけない。





我慢しなきゃ。






私がこのグループのメンバーである限り。







ジョングクに腕を引っ張られて着いた先はリビングに繋がる扉。





躊躇もなくジョングクはその扉を開けた。





それと同時に突き刺さる、いくつもの視線。






リビングに入る一歩手前で止まる私を見兼ねたのか、ジョングクは腕を離して私の背中をドンと突き飛ばした。





反射的にリビングに入った私の身体。





後ろからパタンと扉が閉まる音が聞こえた。





視線は相変わらず突き刺さる。





脚が動かなくて、涙が出そうで。





グイッとまた私の腕を引っ張って





視線の原因のオッパたちが座るソファの前まで連れていかれる。




ジョングクが向かう方向とは逆に体重をかけてみるけど、





男の人の力には叶うはずなくて。





掴んだ腕を離すと、ジョングクはジミンオッパの隣に座った。









_______ああ、またオシオキの時間だ。










オシオキ 3→←オシオキ 1



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (854 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4925人がお気に入り
設定キーワード:防弾少年団 , BTS , ピョンテ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

テテLOVE - 更新待ってます!!!! 早く続きがみたいよーーー (7月10日 10時) (レス) id: 817c01a749 (このIDを非表示/違反報告)
グクLOVE - 私小6ですが心が興奮!ヤバイ/// (4月24日 20時) (レス) id: 596c2d9bf6 (このIDを非表示/違反報告)
あっき - 更新待ってます (2月22日 15時) (レス) id: 97a3e9bc9a (このIDを非表示/違反報告)
グク依存症 - もぅ最高 (1月29日 21時) (レス) id: c65c581ece (このIDを非表示/違反報告)
ふでごん(プロフ) - これ完全フラグですよねww (10月22日 12時) (レス) id: e9bff14b65 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:hyona | 作成日時:2017年2月25日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。