占いツクール
検索窓
今日:436 hit、昨日:381 hit、合計:46,238 hit
昔々、あるところに雨の止まない王国がありました。


何年も晴れないので、たくさんの作物が枯れてしまいました。


困った王さまは国中にお触れを出しました。


「この空を晴れにすることができる者はおるか」


そのお触れを聞き、王宮やってきたのは、


きれいな黄色い眼をした少年でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原石様のお名前をお借りしたフィクションです。

本人とは一切関係ありません。執筆状態:連載中



































おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (192 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
448人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:無名の人 | 作成日時:2021年2月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。