占いツクール
検索窓
今日:26 hit、昨日:113 hit、合計:169,790 hit

1274 オーラス ページ32

衣装チームとして

スタッフさんやメンバーと

擦り合わせる仕事は約束通り

良亮君がやってくれた







衣装チームには

キスマイからは太輔と裕太君が参加すると

知ってからは尚更、表には出られない









そう感じていた







でも、何回かの話し合いで

私のデザインに意見や手直しが加わる度に

二人の存在を感じて少しだけ緊張するような……




どこかホッとするような






複雑な気持ちになっていた






そんな今日はコンサート最終日



いわゆるオーラス







30度を越える猛暑

夜になっても茹だるような暑さだった







そんな中、私は今まで1度も

足を運ばなかったコンサートの会場に来ていた







客席ではなく、勿論裏方スタッフとしてだ







最後まで二人にバレないように……

二人と関わらないように






そう思っていた私がここに来たのは

良亮君に説得されてのことだった








1曲だとしても衣装を担当したスタッフとして

自分のデザインした衣装が

会場でどう見えているのか確認するべきだし





同じスタッフとしてやってきたんだから

最後ぐらいは俺を労えと

半ば強制的なものだった







でも、それぐらい強く言われなければ

私はきっとここに来ることは

できなかったと思う






だから、良亮君には少しだけ感謝していた







やっぱり、初めて自分の手掛けた衣装を

この目で確かめておきたかったから









良亮「やっぱり良くない?♪俺の衣装♪

記念すべき第1号!」







客席からは見えないように作られた

裏の通路の暗幕の隙間から

一緒にステージを見上げる







カラフルな衣装に身を包んだメンバーが

楽しそうに歌い踊っていた







ステージまでは30m程の距離







太輔と裕太君の姿をこの目にとらえるのは

LAぶりだった









良亮「どう?久々に見るふたりは。」







……。






「どうって……別に。」





となりから絡んでくる彼







ちょっと強がり






久しぶりに見る二人は

すごくかっこいい






会場内を包む女の子たちの黄色い歓声に

二人がアイドルであることを

改めて思い知らされる








それが、変な優越感だったり






でも、もう遠いんだって……

現実を見せられて寂しさを感じたり






『Re:』をサプライズでラジオ放送して以来

彼らの声が私に届くことはなかった

1275 夢→←☆読者の皆様へ☆



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (403 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1149人がお気に入り
設定キーワード:玉森裕太 , 藤ヶ谷太輔 , kis-My-Ft2   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もも(プロフ) - ao11miyu57さん» コメントありがとうございます(^^)楽しんでいただけて、とても嬉しいです♪また、新作ができたら遊びに来てくださいね(^w^) (10月6日 12時) (レス) id: d5c8d33727 (このIDを非表示/違反報告)
ao11miyu57(プロフ) - 素敵な小説読めて嬉しいです!作品楽しみにしてます(^-^)/ (10月6日 3時) (レス) id: f1fa994150 (このIDを非表示/違反報告)
もも(プロフ) - あーさん» 最後までお付き合い頂きありがとうございました(^^)長い長いお話になりましたが、なんとか完結できてホッとしています☆まだ新作の見通しはたっていませんが、そのときはまた遊びにきてくださいね(^w^) (8月26日 12時) (レス) id: d5c8d33727 (このIDを非表示/違反報告)
あー(プロフ) - 完結おめでとうございます! この作品を読んでキュンキュンしたり泣いたりしてこの作品に出逢わせていただいてありがとうございます! 新作も楽しみにしています! (8月26日 12時) (レス) id: c1d7c4bc2e (このIDを非表示/違反報告)
もも(プロフ) - いおさん» 最後までお付き合い頂きありがとうございました☆気持ちの赴くままに書いた自己満作品ですが、そう言って頂けると嬉しいです(^^)まだ見通しはたっていませんが、もし機会がありましたら、遊びに来てくださいね(^w^) (7月29日 12時) (レス) id: d5c8d33727 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もも | 作成日時:2018年7月9日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。