占いツクール
検索窓
今日:408 hit、昨日:261 hit、合計:141,225 hit

17 唇との距離 ページ18

「い、居ないよ!!//

いるわけないじゃん!//」






って……




言ってから、ちょっと後悔







こんなとき、居るとか言えちゃう

余裕があればいいのに







そんな私に、だよなーって……なんか悔しい




だから……






「みっくんに特訓なんてしてもらわなくても

私だって経験あるし//」






お酒の勢いをかりて嘘をついた









みつ「え!?経験って何!?

お前まさか……え!?」





って、リアクションにあらぬことを

想像してるんだと思った








「ち、違うよ!//そうじゃなくて//」








みつ「そうじゃないって?


あ、何?

キス?」








みっくんの口から出たキスって

ワードにドキンって//








みつ「そうか、キスしたことあんのかー。

大きくなったねー」







私の肩を組むと感慨深そうに

こちらを覗き込むから

みっくんの唇との距離数センチ








キス……なんて言うから

意識しないでいられるわけない







……///








みつ「顔。赤(笑)」






プハハーって、笑うと肩に置かれた腕が

解かれた









みつ「てか、嘘だろ?

そんなんでキスできんのかよー(笑)」







バカにしてる//




っていうか、嘘だってあっさりとバレたし







「できるよ!//できるもん!//」







悔しくて、みっくんの腕を

つかんでまたこっちを向かせた







キス……







……できるもん





……できる









みつ「バカにして悪かったって。」









ムキになる私に、少し反省したように

声をかけると、腕をつかむ私の手を

そっと離した









しようと思ったらできたのに……





キス……できたのに









みつ「真面目な話。

大事にしろよ?」




自分のこと







いきなり真剣な声で言うから

変なことを考えた自分が恥ずかしく思えた







いつも私をからかってくるくせに

結局はちゃんと考えてくれている

という振り幅









悔しいけど、やっぱりみっくんが好き






……。








みつ「……せっかく、ここまで

守ってきたんだからさ♪」






って、イタズラに笑うから







前言撤回!//







「うるさい!//」




ってなる






そんな私を見て、またケラケラ笑ってるし






「もー//みっくんのバカバカ!//」







みつ「ごめんってー(笑)」





両手で頭を抱えて、ポカポカ殴る私の腕を防ぐ

18 3秒→←16 馴れ初め



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (245 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
898人がお気に入り
設定キーワード:藤ヶ谷太輔 , 北山宏光 , kis-My-Ft2
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もも(プロフ) - ミィさん» コメントありがとうございます☆そう言って頂けてとても嬉しいです(^^)私自身が切ないのが好きで…現実にはきついですが、物語なので( ̄∇ ̄*)ゞこれからも気長にお付き合いください(*^^*) (5月6日 21時) (レス) id: 0e833b3ebd (このIDを非表示/違反報告)
ミィ(プロフ) - 新作、嬉しいです。ももさんの作品は切ないものが多いですが、とても大好きです。今回は最初からもう、切なくて・・・今後も楽しみにしていますね。 (5月6日 17時) (レス) id: 1dbee522b3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もも | 作成日時:2019年5月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。