占いツクール
検索窓
今日:291 hit、昨日:1,147 hit、合計:138,007 hit

10 教育係 ページ11

新入社員4人は

それぞれ教育係がつけられるらしく

その先輩の隣が自分のデスクだった






部署「じゃあ、あなたはあそこで……

あなたは……」






部長に指示されたデスクに座るけど

私の隣は空席






資料が積まれているから

誰かしらいるのは確かなんだけど






少しだけ戸惑っていると







「ただいま戻りました。」






フロアの入り口から誰かの声がして

そちらを振り向くと







藤ヶ谷先輩





広報部……だもんね。






やっぱり同じ部署なんだって

当たり前のことが頭に浮かんだ







……。




……ん?……え








藤ヶ谷先輩が近づいてきて、隣のデスクに

座ったから、一瞬にして頭の中はプチパニック








藤「あ、もしかして新入社員さん……

だよね?名前が……えっと……」






隣に居る私に気づいた







「はい!Aと申します//

本日より広報部に配属されました//」







慌てとそう返すと







藤「あ、そうだそうだ!Aちゃん!




あ……ごめん//いきなり馴れ馴れしいね//




Aさんね教育係りをさせて頂きます

藤ヶ谷太輔です。

よろしくね。」






フワッて笑う






Aちゃん//


あの藤ヶ谷先輩が、私の名前を呼んだ//








なんとも言えない不思議な感覚に

固まってしまう私に






藤「Aさん?大丈夫?」







って、少しだけ困ったような笑顔を見せた








「あ……すみません//つい//

こちらこそよろしくお願いします//」









食い込みぎみで挨拶を返すと

ハハって面白そうに笑う









藤「やっぱり初日だし、緊張してるよね。

でも、リラックス♪

困ったことがあれば、なんでも聞いてね。」







私の緊張を優しく解してくれる藤ヶ谷先輩








話したのは今回が初めてだけど

一瞬にしてイメージ通りだってなった







「Aさーん!」









呼ばれた方を見ると萌ちゃんを含め

3人の新入社員が集められていた








藤「今日から暫く新人研修だったよね?」






手元の資料を確認しながら言う






あ、そうだった//









今日から1ヶ月の予定で

部署ごとの新人研修が組まれていた







四人の教育係りが順番で

仕事に必要な勉強を教えてくれる







それが終わったら

晴れて広報部の一員として働けるのだ








もちろんこの1ヶ月は事前研修

というかたちで、その後

約1年間は定期的に研修が

行われるようになっている

11 馬子にも衣装→←9 オフィス



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (242 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
887人がお気に入り
設定キーワード:藤ヶ谷太輔 , 北山宏光 , kis-My-Ft2
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

もも(プロフ) - ミィさん» コメントありがとうございます☆そう言って頂けてとても嬉しいです(^^)私自身が切ないのが好きで…現実にはきついですが、物語なので( ̄∇ ̄*)ゞこれからも気長にお付き合いください(*^^*) (5月6日 21時) (レス) id: 0e833b3ebd (このIDを非表示/違反報告)
ミィ(プロフ) - 新作、嬉しいです。ももさんの作品は切ないものが多いですが、とても大好きです。今回は最初からもう、切なくて・・・今後も楽しみにしていますね。 (5月6日 17時) (レス) id: 1dbee522b3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もも | 作成日時:2019年5月5日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。