占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:12 hit、合計:10,080 hit

〔2〕 ページ3

Aside


昨日のバカな出来事を忘れて普通に仕事をしていると

その部署の部長に呼び出され、こう言われた。

「今日会社に転勤しに来る人とペアになって仕事をしてほしい」と。


私はすぐにオッケーをした。

でも今日からって部長言うの遅すぎ。

心の中で部長に文句を言っているとその転勤してきた人が来た。

A「……神様ありがとうございます」(小声)


?「はじめまして。折原千里と申します。今日からよろしくお願いします」

村山A、神様にとても感謝しています。

だってセンラさんだよ!!??感謝せずに何するの!?

A「はい、よろしくお願いします…。そのちょっとお話し良いですか……?」

センラさんは不思議な顔をしながらも私の後ろをついてきてくれた。


会議室に入り鍵を閉めて本題へ入った。

A「突然すいません。センラさんですよね…?」

おずおずと言った感じでそういうと

センラ「あ、バレちゃいました?さすが東京ですねぇ」

A「crewなんです。大好きです…」

東京かどうかはそんなに変わらないと思う。


センラ「ありがとうございます!誰が推しなんですか?」

A「そんな…!誰かを1人推すのは難しくて箱推しです」

センラ「そうなんですね!!とりあえず仕事しながら話しません?」

本人という事が確認できたためとりあえず仕事を片手間に

お話をすることになった。


A「私、村山Aって言います。25歳でセンラさんより少し年下です」

センラ「25歳でしっかりしてますね!」

センラさんが私を褒めてくれた…。

A「私とペアなんかですいません」

センラ「俺は嬉しいですよ?crewの人と仕事出来て」

それは私でなくてもcrewの人だったら誰でも嬉しいというように聞こえて

私は胸がずきっと痛んだ。そうだよね…私が特別じゃない……。


センラさんがいてくれたおかげで仕事が

早く終わり定時に帰れることになった。

センラ「村山さん、今日メンバーで集まるんで飲みに行きませんか?」

え?今、“メンバー”って言ったよね。

A「浦島坂田船の方が良いなら…」

私がグイグイ言っても失礼だよね。

センラ「大丈夫って言ってますよ」

A「じゃあ行かせてもらいたいです」

そして私はセンラさんと浦島坂田船のメンバーが

待っている居酒屋へ向かった。

作者から[大事]→←〔1〕



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (46 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
259人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

谷たぬき - 海石榴《ツバキ》さん» 別垢からすいません。面白いと言っていただけて嬉しいです!ありがとうございます (2月29日 20時) (レス) id: 9b69ea1788 (このIDを非表示/違反報告)
谷たぬき - そらるなさん» 裏垢から失礼します。 更新を頑張ってするので楽しみに待っておいてください (2月29日 20時) (レス) id: 9b69ea1788 (このIDを非表示/違反報告)
海石榴《ツバキ》(プロフ) - とても面白かったです!!更新、楽しみにしてます!! (2月25日 21時) (レス) id: 906a0c9fbd (このIDを非表示/違反報告)
そらるな(プロフ) - 見させていただきました。 とても楽しくて、続きが気になりました。 更新頑張ってください。 (2月24日 23時) (レス) id: 4a84e506c1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:谷たぬき x他1人 | 作成日時:2020年2月24日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。