占いツクール
検索窓
今日:46 hit、昨日:205 hit、合計:246,829 hit

3 ページ47

引き続き小林誠司side


『あべたーん』

安部「優奈ちゃんやんっ!」

「久しぶり�・」

安部「おいで�・♪」

『わーいっ♡(ぎゅっ)』


カープでも安部と広輔によう懐くの何となく分かるなー(笑)

安部「相変わらず誠司との並びは綺麗だな(笑)」

「?おれ?」

安部「お前や(笑)」


ようわからんけど褒められてるっぽいし良しとしよう(笑)



収録が始まってからはスタジオの端っこの椅子で見学。


小島瑠「優奈ちゃんだよねぇ?」

『……(こくん)』

小島瑠「あ、急に話かけたからびっくりしちゃったよね(汗)ごめんねっ」

『、、、(ふるふる)』

設楽「優奈ちゃんだぁ�・」

『しーたんっ(ぎゅっ)』

設楽「(抱) こじるりに虐められたの?(笑)」

小島瑠「人聞き悪いーっ(笑)」

設楽「ふはっ、、誰と来たの?」

『せーじくんっ』

設楽「小林選手か�・。またご飯行こうね♪」

小島瑠「いーなーっ!私も行きたーい!」

設楽「、こじるりもいい?(笑)」

『、あい』

小島瑠「ありがとー♡」


安部「…設楽さんも友達、?(笑)」

「みたいやな(笑)…兄ちゃんが苦労すんの分かってきたわ�・」

秋山「だからさー、雄也の事もついつい甘やかしちゃうんだよ�・(笑)」

安部「確かに兄妹揃って可愛らしいですもんね(笑)」

「うんうん(笑)」


(続く)

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (183 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
446人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:タケット | 作成日時:2017年12月1日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。