占いツクール
検索窓
今日:54 hit、昨日:130 hit、合計:91,341 hit

十八話 ページ18





『凄い…投稿されてる…』


「まぁ最初だからね、多分ほんの数人しか見ないと思うな…」



“まふまふ”を使えば視聴回数を増やせたんだろうけど…
普通の新人は、どんなに良くても数千回程だろう。



「あ、ニコリ動画にも投稿しておくね」


『ニコリ動画?』


「YouTebeと同じようなサイトだと思ってくれればいいよ」



ただ、コメントで騒がれるのが少し怖いけど…俺がまふまふだってバレなきゃ大丈夫だよね。

自問自答しながら投稿する。



「ふぅ…」


『ありがとうございます』



いえいえ、と言いながら立ち上がってトイレに向かう。

…出会って三日、だよね。
馴染み過ぎじゃない?


悪いことではないんだけど…と思いつつ、手を洗う。

警戒心が、足りないよなぁ…


部屋に戻ると、俺のスマホが鳴っていた。



『あ、真冬さん…【そらるさん】って人から、着信が』


「…あぁ、ごめんね」



スマホを手に取って、拒否の方を押す。


Aちゃんが『え…』と声を漏らして俺の方を見た。

どんな表情をすれば良いのか分からず、とりあえず苦笑いを浮かべる。



「喧嘩中…みたいな?」


『なるほど…』



信じたAちゃんに、ほんの少し罪悪感を抱いた。
…まふまふを辞めた時は、罪悪感なんて抱かなかったくせにね。



『えーっと…早く、仲直り出来るといいですね』


「…うん、そうだね」



話をしなきゃいけないのは分かっている。
だけど…

今は何も考えずに、ただの相川真冬としての生活を、楽しみたい。


……俺は、いつまでこの生活を守れるのだろう?



十九話→←十七話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (296 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
786人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鈴里風夢 | 作成日時:2019年2月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。