占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:213 hit、合計:91,056 hit

一話 ページ1





@まふまふ

僕はまふまふだけど、
まふまふじゃないんです。







震える指で、送信ボタンを押す。
そして、皆の反応を見る前にログアウトをした。



「…っ、はぁ」



罪悪感の前に、肩の荷が降りるような、安堵を感じてしまった。
…そのくらい、僕は疲れていたのかな。



「…あぁ、もう“僕”じゃなくていいんだっけ」



何でも屋のまふまふ。

それが“俺”、相川真冬の二つ名だった。


二つ名、というより、そっちがメインになってたけど…



「やっと、“まふまふ”から逃れられる」



ソファに寝転がって、目を瞑る。


“まふまふ”はもういない。

歌い手の世界から、消えた。


俺はもう、自由なんだ。



「…やると決めたからには、やり通さなきゃね」



起き上がって、元々用意していた荷物を手に取った。

窓、カーテンを閉め、電気等の戸締りの確認をする。
…食材をまとめ買いするタイプじゃなくて良かったかもしれない。

すっからかんの冷蔵庫を見て、一人笑った。


全部の確認を終え、部屋を出て鍵を閉める。

…この部屋に帰ってくることは、当分ないだろう。


思い出が詰まったこの部屋から離れるのを名残惜しく思う。

でも、これは俺が、俺として生きていくために必要なことだから。



「っよし、行くか!」



大きめの独り言を呟き、部屋に背を向けて歩き出した。



二話→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (295 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
788人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鈴里風夢 | 作成日時:2019年2月2日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。