占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:53 hit、合計:2,057 hit

始まる冒険 ページ1

移動式料理店を始めてはや2ヶ月、私達は冒険者の中で有名な料理屋となっていた
もちろん噂を広め始めたのは私達である
いつ出会えるかわからない料理屋が冒険者の心擽るのだろう
最近は人気のない場所を移動している為ここ1週間客は少ないものの、余裕を持って営業できるくらいには順調だった
しかし、それを気にしているのかアイトの元気がない
......ここは、パートナーの私が元気づけてあげないとね!
私はカウンター席に座ると元気のなさそうなアイトを見上げた



「アイト、どうしたの?最近浮かない顔をしているけど......もしかして、お店のこと?」


「......ご心配をお掛けして申し訳ありません、お店のこと......ではないのですが」


「そう......でも、私には相談してもいいんじゃないかしら」



そういうと、アイトは悩んだ末にひとつの束を取り出した
綺麗な便箋に、読み込んだ手紙
それはマスカから届いた手紙だった
しかし1枚の手紙を手に取るとどこか浮かない表情だった



「......マスカ様が領主邸の方へ戻ってきて欲しいと」


「そういうことね......アイトが行きたいようにすればいいわ」


「そういうことではなくて、なんだか胸騒ぎがするんです。手紙が妙に丁寧で......それにマスカ様が戻ってきて欲しいだなんて、なにか緊急事態でもあったのではないかと」



手紙を見せてもらうと、確かに妙だった
一言のみの手紙や素っ気ないものばかりが、突然長文で丁寧に(したた)められている
そして私の危険察知センサーが作動している
私は悩み、そして結論を出した



「一緒に行きましょ!」


「そんな......!ユリさんにご迷惑をお掛けすることは______」


「遠慮はなしよ、パートナーが行くというのなら私も行くわ」



「......わかりました、ありがとうございます」



未だに遠慮がちなアイトに驚きつつも、私達はマスカのいる領主邸へ向かうことにした
中々、長い旅になりそうだ

変態登場→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (17 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
214人がお気に入り
設定キーワード:異世界 , ファンタジー , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

砂糖丸(プロフ) - イアルさん» ありがとうございます!コメント嬉しいです、凄い時間を掛けてしまって申し訳ない限りでした......そう言って頂けると嬉しすぎます、ありがとうございます!┏〇 (11月9日 8時) (レス) id: c1639a6bbb (このIDを非表示/違反報告)
イアル(プロフ) - ん待ってました……!更新お疲れ様です、いつも素晴らしい物語をありがとうございます。 (11月8日 18時) (レス) id: dff6dfdeb1 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:砂糖丸 | 作成日時:2019年11月8日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。