占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:0 hit、合計:2,244 hit

↓ 6 ページ8

#6お店で皆での食事の際3

綾子「まさか荷物処分したぐらいで満足してないわよね?」

満「は・・・・・・っ?」

光司「綾子!(ボソッ」

満「処分したぐらい?え?6年もかかってやっと下した決断に対してそんな言い方しかできないの?」

綾子「敬意を払えって言いたいわけ?」

満「一定の評価があっても当然だと思うけどねー」

春海「早く食べないと麺伸びるよ__」制止を聞かずヒートアップしていく。

綾子「じゃあ何?ちょっとした進展がある度に褒めて、おだてないといけないの!?」

春海「お母さんしつこい・・・」

満「当然だろだって、俺に一刻も早く就職してほしいと思ってるの、姉ちゃんでしょ?」

綾子「__じゃあ仕事探し始めたら褒めて、履歴書の写真撮ったら祝杯挙げてっ、
  面接行ったら赤飯でも炊けっていうわけ!?」

首をかしげながら「ん、まあ赤飯あんま好きじゃないから鯛めしとかね」

綾子「甘えるのもいい加減にしなさいよ!私が、職場でどんな思いで働いてるか分かってんの!?」

春海「もううるさいってば!__満兄ちゃんの事いろいろ言う前に
  もっと自分のやるべき事ちゃんとやったら?」

房枝「そんな言い方ないじゃなーい。今日だって、約束の靴買ってもらったんでしょ」

光司「冬用のブーツだって買ってもらったんだから」

春海「・・・・・・」←ここで主は慰めに行くのが思いつきました!

満「・・・姉ちゃんはさ、なんで今日ここでご飯食べようって思ったの?」

光司「だって・・・お義父さんがここの酢豚好きだったんでしょ」

満「僕からしたらそういうのもいちいち気に障るんですよねー
  墓参りには来ないクセに親父の好きだった店に行こう!って、俺だったら逆に言えないけどねー」


つづく

↓ 7→←↓ 5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.0/10 (11 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:友達専用   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミミ(プロフ) - NEKOさん» そうなんだ(笑)その位ドラマと小説大好きなのかも...質問いっぱいあるのでお待ちしてますね〜 (3月18日 22時) (レス) id: ddeda9ef75 (このIDを非表示/違反報告)
NEKO(プロフ) - 凄い…ミミさん私がこれから描こうとしている所を全て当ててくる…びっくりするぐらい笑、えっと、話更新すると分かる所もあると思うので!更新してからまた質問に答えさせていただきます! (3月18日 21時) (レス) id: 628de826d6 (このIDを非表示/違反報告)
きなこ餅(プロフ) - 技には何種類かあります。壱ノ型は瓦解氷消(がかいひょうしょう)です。水の呼吸の打ち潮みたいな一発攻撃です。鬼は氷が割れるようにばらばらに崩れます。 (3月14日 11時) (レス) id: 4645150fec (このIDを非表示/違反報告)
きなこ餅(プロフ) - きなこ餅です。イメ画ありがとうございます!予想より遥かに可愛い...!めちゃくちゃいいと思います!!いくつかの質問にお答えしますね! (3月14日 11時) (レス) id: 4645150fec (このIDを非表示/違反報告)
NEKO(プロフ) - 7、私えんけんさん大好きなのでもう私の小説の設定に入れてしまうのが恐れ多い (11月30日 21時) (レス) id: 628de826d6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミミ | 作成日時:2019年7月31日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。