占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:19 hit、合計:7,425 hit

54 ページ9

色々あったけど、学校についた

私とシルクくんは多くの生徒に心配された

私は授業中倒れたし、シルクくんは昨日休んだからだ

生徒A「Aさん、ごめんなさい!私のせいで風邪引いたのよね?」

貴方「だ、大丈夫だよ!全然気にしてないから」

シルクくんファンクラブからも睨まれなくなった

あとの難関は


告白

シルクくんモテるから告白しにくいんだよな


チラッ

男女からあんなに囲まれてる


凄い人なんだなシルクくん


告白…


付き合えなくてもいいから、


気持ちは伝えられますように!


パチッ


シルク「何してるの?」


貴方「ギャッ?!な、なんでもないよ」


み、見られた……


次回はクリスマス編の番外編です

番外編→←53



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (24 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
47人がお気に入り
設定キーワード:MEK , Fischer's , 小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:MEK | 作成日時:2018年12月19日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。