占いツクール
検索窓
今日:60 hit、昨日:208 hit、合計:74,906 hit

55話 ページ8

そらるside




「だってここクーラーガンガンじゃないですか!羨ましすぎます!」

「自分の家いけよ。」

「彼方さん家の方が近かったんですもん。」

「帰れ。」


折角イチャイチャしてようかと思ったのにこの騒ぎ。

真冬は本当に邪魔する天才なのでは、と疑う。

じゃなくて。


「……真冬、お前が今帰らなかったら、ここで非リアなお前にイチャイチャしてんの見せつけるぞ。」

「「え。」」


真冬だけじゃなく、Aまでも戸惑った。

が、それはもう関係ない、とりあえずキスをしたいの一点張りなのだから。


「ほらいいのか?絶望に浸る事になっても…。」


そう言いながらAを後ろから抱きしめる。

赤くなるAを可愛いと思いながら見ると、真冬が本当に絶望的な顔をしだして、それがなかなかに面白い。


「あんな事やこんな事する前に、人がいるかいないかぐらい確認してください!!!」

「だから帰れって言ったのに。」

「皆急いで帰るよ!!」


そう真冬が言うと、一目散に全員が俺の家を出ていった。


「……やっと居なくなった…。」

「に、賑やかな人達だったね。」


俺は未だに抱きしめたまま話す。


「……もう耐えらんないんだけど折角キスができると思ったのに。」

「…今からすればいいじゃん…。」

「いいの?して。」

「私もしたい…。」


その言葉と一緒に抱きしめていた手を離して、顔へと手を伸ばしながらキスをした。

あぁ離せないな、なんて。

56話[前作でのリクエストありがとうございます]→←54話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (164 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1004人がお気に入り
設定キーワード:そらる , 歌い手 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

栞菜 - 更新も大事ですが、この作品が私は大好きなので、無理しない程度に頑張ってください!ほかの作品に逃げることも大事ですよ! (9月8日 21時) (レス) id: 2bd715470f (このIDを非表示/違反報告)
- ゆめさん» ありがとうございます。 (9月4日 21時) (レス) id: ff02591f43 (このIDを非表示/違反報告)
ゆめ(プロフ) - そうだったんですね。逃げも大切です。これからも無理しない程度で頑張って下さい。 (9月2日 23時) (レス) id: c88e7dd5cc (このIDを非表示/違反報告)
- 狂鬼さん» そらるさんは可愛くてかっこいいイメージだから!うん!!(( (8月22日 22時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
- りなさん» りなちゃんこそ神!!!!! (8月22日 22時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:飴とめあ | 作成日時:2019年8月19日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。