占いツクール
検索窓
今日:172 hit、昨日:619 hit、合計:337,585 hit

15話 ページ16

Aside




キスをされた、しかも深い方の。


「…っふ……んっ…ぁ……。」


思わず変な声が沢山漏れる。

でも嫌な感じは全くなくて、むしろこの喜びを全身で感じてる自分が居た。

もっと、もっと、そう思って自分も舌を絡める。

一ノ瀬さんはそれに応えるようにさらに深くキスをしてくれる。

そうして、1分程過ぎた。

お互い息を切らしながら、見つめた後、一ノ瀬さんが先に言った。


「すみませんでした…、突然こんな事してしまって。」

「い、いえ!むしろ…。」


嬉しかった、なんて。

言いそうになって慌てて口を閉じる。

でもここで言わなかったら、この先、会えないかもしれない。

もしかすると、一ノ瀬さん以上のキス魔を見つけられないかもしれない。


「…う、嬉しかった……です。キスしたの……久しぶりで…。」


一ノ瀬さんは目を見開いた後、微笑んで、言った。


「俺もです。何より、嬉しいなんて思ってもらえたのが…。」

自分の言った言葉に恥ずかしくなる。

でもよく言ったぞ自分、と、内心言ったことに後悔はしてなかった。

改めて目を合わせると、一ノ瀬さんは、そのまま言葉を紡いだ。





「あの、順番逆かもしれないんですけど……。

俺と付き合ってくれませんか?」






息を吸って、吐いてから言った一ノ瀬さんを見て、不思議と返事に迷うことは無かった。


「私なんかで良ければ、喜んで…!」









キス魔サイトで突拍子もなく出会ったこの人に、惹かれてしまった私は、もういっその事この運命に委ねてもいいかもなんて考えた、なんて。









「そう言えば、ずっと言おうと思ってたんですけど……タメ口と名前呼び…良いですか?」

「!勿論です…!あっ、勿論…!」

リクエスト、貰えませんか…?→←14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (225 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1003人がお気に入り
設定キーワード:そらる , 歌い手 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

彩華 - 何この神作品!私が書いてる小説とは全然違う...!良かったら私の小説読んd))))) 殺人犯との鬼ごっこっていう名前だy)))))←宣伝するな (8月22日 18時) (レス) id: e742c3b57e (このIDを非表示/違反報告)
- りっちゃんさん» こんな気まぐれに書いた作品を読んで頂きありがとうございますw (8月19日 22時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
りっちゃん(プロフ) - ああああ!!なんで高評価って一回しか押せないんだあああ!!!(うるさくてごめんなさい) (8月19日 16時) (レス) id: 75e3c0ea04 (このIDを非表示/違反報告)
- 狂鬼さん» 先を書いてきます…w (8月19日 16時) (レス) id: abf4ad4153 (このIDを非表示/違反報告)
狂鬼(プロフ) - 飴さん» お?またまたいい展開だ。あまちゅ56されねぇかなそらるんに…← (8月19日 16時) (レス) id: b1fcaf3ab6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年8月5日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。