占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:35 hit、合計:109,567 hit

11* ページ12

A「楽しそうだね真冬…。」





コーヒーを入れているとそれを笑顔で見つめてくる真冬。





真冬「いやぁ、朝からあんなに可愛い顔見せて貰えたんだもん。」





ふふふなんてずっと笑っているけど、





私は笑えない。





朝から黒歴史っぽい威風堂々を流されて、





焼け死にそうなくらい恥ずかしい目にあった上に、





キスまで求められるだなんて、





最悪の目覚めだった。






キスの後はなかなか離してくれないし…。





入れ終わったコーヒーを真冬にも渡して、




朝からテレビを眺めながら二人で飲む朝。




そこに私の携帯が鳴った。




着信先は…




A「なんだ、翔太か。」




その瞬間ピクッと隣の肩が動いた気がした。





_______________

翔太=天月さんです!

設定追加してきますね!



*新作*

*あぁ、それ俺の妹。【まふまふ】【そらる】*

こちらのほうも覗いてもらえると嬉しいです

12*→←10*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (493 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
883人がお気に入り
設定キーワード:まふまふ , 歌い手 , うさぎ系彼氏   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:*かくしごと* | 作者ホームページ:https://twitter.com/nnkauratuku  
作成日時:2018年1月8日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。