占いツクール
検索窓
今日:92 hit、昨日:211 hit、合計:169,632 hit

15話 ページ19

「お前風邪なんだから...上くらい...」

「A様に心配されて嬉しかったですよ。」

「あっそ。さっさと上着て寝ろ。」

「かしこまりました。」

そう言って離れていくと寂しく感じてしまう。

「今日は1日看病してやる。俺のベッド使え。」

「それは出来ません...そんな...」

確実に熱が上がってんな。

「今、温度計持ってきてやるから。絶対寝とけよ?」

バタン

はぁ...お粥くらいつくってやんねぇとな。

「あ、A!」

兄貴...朝は良くも...

「てめぇ、ふざけんじゃねぇぞ...」

ごめんって言いながら兄貴が抱き付いてきた

「本当に朝はごめん...俺は白石さんに嫉妬した。」

はぁ?

「俺、お前と一緒に寝たこと無いのに白石さんは一緒に寝て...俺の方がAのこと知ってるのに...」

「兄貴...今度一緒寝てやる」

「マジで!?」

「ん、」

「やった!...あ、俺大学の宿題あんの忘れてた...白石さんに晩飯いらないって言っといて」

「はーい」

白石風邪って言うの忘れてたな...

あ、温度計...探そ

16話→←14話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (254 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
590人がお気に入り
設定キーワード:BL , 男主 , オリジナル
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空音 | 作者ホームページ:     
作成日時:2017年1月10日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。