占いツクール
検索窓
今日:159 hit、昨日:207 hit、合計:193,802 hit

顔合わせ ページ12

Aside



.





.





「入りまーす」





ドアをノックして、少し大きい声を出す



すると中からは
‘どんとこいや〜!’ ‘はーい’



なんてバラバラな返事が聞こえてくる
てか、ほとんどさっくんの声しか聞こえない





後ろを振り返ると、ラウールくんが1番緊張していた





「...なんかあったら私のとこおいで?」

ラ「...はいっ、」





少し不安に思いながらもドアを開ける





その途端に破裂音





そして後ろから転ぶ音





向「いったぁぁあっ」

目「え、ちょ、康二くんびびりすぎ」

ラ「な、なにこれ」

「私も聞いてない、」





深「やっぱクラッカーだろ!」

佐「片付け面倒だから音が出るだけのやつだよ!」

岩「でも康二後ろに転がってったぞ」



宮「怪我してないか」





すぐに康二くんの元へと駆けつける舘様

康二くんの目が女になってる、おもしろ





深「お前も結構驚いたろ」

「だってなんも聞いてないし、」

深「ふは、サプライズ?みたいな?」

「音だけじゃん、」

深「うるせー」





なんとなく辰哉の横に並ぶ

うん、落ち着く





目「...、」





目黒くんからの視線が痛い

...、まあ、あとで目黒くんから来るか





私ひとりで仕切るのが不安になり、そのまま辰哉に横にいてもらうことにし、皆席に着いてもらえば、今日の顔合わせが始まった





深「はい、じゃーね、まずこれからのスケジュールと注意事項だっけ?それマネージャーから言ってもらうね、」

「はい、えっと...



.


.


ってな、感じ、ですっ」





ちら、とさっき眠いと言っていた翔太くんを見る

...めっちゃギリギリで意識保ってるじゃん、





「まあ、さっきの通り、1月から本当に忙しくなるので、休める時には休んで体調管理はしっかりしてください、何かあればすぐ私までお願いします」





皆の‘はーい’って緩い返事を聞いて、次へと進む





深「そんじゃあ次は親睦会なんだけど...、

どうすんの?」

「えっと、せっかくなんで、皆で準備してここでやろうかなって、

もちろんお酒なしで」



佐「デリバリー有りすか?!」

宮「キッチンあるならそこで俺も作るよ」



「うん、どっちも有り!」



岩「よし、んじゃあ役割分担すっか」





岩本くんが立ち上がって私の代わりに進めてくれる

頼れるリーダー、かっこいいな



こうして岩本くんの指揮により、

新生SnowManの親睦会の準備が始まった





.





.

準備→←顔合わせ前



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (182 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1191人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぴぴ . | 作成日時:2020年3月19日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。