占いツクール
検索窓
今日:38 hit、昨日:724 hit、合計:159,057 hit

13 ページ32

ジョングクside

怒りに任せて酷いことを言った。
そんな事分かってる。

いつも1人で解決しようとする。

自分だけ傷つけばいいと思ってる。

それじゃダメなのに。
全然アイツは分かってないんだ。

最近いつ帰ってきたかも知らない。
2人の部屋なのに、今はまるで1人部屋みたい。
朝起きたらリビングに居て夜は姿を見ない。

勉強するペンを握る腕は、
前より明らかに細くなっていたし
ハーフパンツから見えた膝には
無数の痣が出来てた。

気づいてないと思った?

見てないと思った?

このままじゃ
Aが消えてしまいそう。
ほんとは抱きしめたかった。
辛かったねって言いたかった。
でもそうしなかったのはAのためだ。
変わらなきゃ
ぶつからなきゃダメだと思った。

いつもと声のトーンは同じで
何でもないように話すA。
他人事みたいに話すのがイライラした。
傷ついたのは自分なのに、まるで自分に起きた事じゃないみたいに振る舞う。
いつもそう。

ヤケ酒したって聞いた時は本当にびっくりした。
俺達は、もう家族みたいなものだと思ったのに
Aはそうじゃないの?
どうして1人で苦しむの?

言い過ぎた時には遅くて
Aがトイレで吐きはじめた。
大丈夫?と聞かれたら
大丈夫としか答えられないのは知ってたのに
ひどい事を言ってしまったと気づいた。
でも、俺達はもっと頼って欲しい。

Aが苦しそうに震えてたから
ジミニヒョンが部屋に移そうとして声をかけて
Aは立ち上がったと思うと倒れた。
慌てて抱き上げて、ベッドに寝かせた。

気を失って寝ているA。
ユンギヒョンが「やりすぎたかな」と
見た事ないくらい悲しい顔をした。

ホソギヒョンもユンギヒョンの言葉に頷いた。

ジミニヒョンは僕の肩に手を置いて
「今日はこっちで寝なよ」と言った。

血の気のない寝顔はもう目を開けないんじゃないかってくらいに青白かった。

14→←12



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (200 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1258人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぽん(プロフ) - めぐぅさん» 読んで頂きありがとうございます!続編放置してますが、また書く事があれば読んで頂けたら嬉しいです^ ^ (7月30日 6時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
めぐぅ(プロフ) - 久々に泣いてしまいました。主人公くん声治ってよかったア゙ア゙ア゙(´TωT`)ぽんさんのお話好きです。ファンになりました!! (7月30日 0時) (レス) id: 55ae91ea54 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - あめこさん» 私の中の黒いホソク氏妄想にお付き合い頂きありがとうございます笑 更新がんばります! (6月9日 17時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
ぽん(プロフ) - アリアさん» リクエストありがとうございます! (6月9日 17時) (レス) id: 029c3dcc20 (このIDを非表示/違反報告)
あめこ(プロフ) - ホソクさんの黒い部分が私の性癖にぶっ刺さりました(笑)ちょっと色っぽいのがめちゃくちゃ好きです……。更新頑張って下さい! (6月9日 16時) (レス) id: 770596a935 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぽん | 作成日時:2019年6月3日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。