占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:249 hit、合計:167,946 hit

ページ21

.






「ねぇ、おねがい、たべて?りょーへーくん、おねがい」




彼女は俺に何かを頼むとき、甘い声で亮平くんと呼ぶ。




初めの頃、

つまり彼女に出会ってすぐの頃は、

彼女の眉が下がる度に焦って

どう機嫌を取れば良いのか悩んだものだが、

今となっては形勢が逆転し、

彼女が俺の顔を伺うようになった。




というのも、

彼女がふらふらするのも

遊び回るのも

一切咎めず、

それを知っていても

態度を変えなかったのが俺しかいない、

という何とも言えない称号を

得てしまったからで、

正直面倒だとは思っている。






.

:→←:



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (112 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
938人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あやめ | 作成日時:2020年11月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。