占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:109 hit、合計:50,322 hit

永遠の命おどろおどろ…1 ページ32

雲の色が黒く雨が降りそうな時…1人の少女が踏切前で、スマホで自 殺希望の集まるツイッターを見ていた…少しすると少女は一歩足を運ぶと…


「美琴ぉ〜!」
美琴「っ!…まな」

後ろから声がし振り向くと笑顔で手を振るまなの姿があった。そして美琴が足を止めた瞬間電車が凄いスピードで走って行った…


まな「深刻そうな感じしたけど如何かした?」
美琴「何でも無い」
まな「帰りに一緒になるなんて珍しいよね?あ!偶には買い物に行かない?」
美琴「学校帰りにそんな事したら校則違反になるよ?」

まな「委員長は堅いなぁ〜!」

まなは美琴の手を引き入って行くと、商店街のアクセサリー屋さんのガラスショーケースに展示されているアクセサリーを外から見ていた

まな「買い物じゃ無いから!偶々、目に入っただけ…でしょ?」
美琴「そうね。見るだけなら」

可愛いと言うまなは狐のヘアゴムを見つめていた

まな「アレ、Aに似合いそう」

その一方で美琴はネクタイピンを見つめていた

A、鬼太郎「「まな?」」

声がし、まなと美琴が後ろを振り向くとAと鬼太郎が居た

まな「A、鬼太郎…何やってんの?」
鬼太郎「そっちこそ何してるんだ?」
まな「帰り道だし。2人こそ何?」

A「最近、この辺りで多い「吸血事件」の事を調べてるの」

吸血事件という言葉を聞き美琴の表情に変化が起こる

まな「「吸血事件」…?それってまさかまた妖怪の…「じゃあ、まな…また明日ね!」あ、美琴?」

美琴は慌てながら走って帰って行った…が、Aと鬼太郎は美琴を怪しむ様な目線を送っていた

永遠の命おどろおどろ…2→←永遠の命おどろおどろ…プロローグ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
89人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:勿忘草 | 作成日時:2019年2月2日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。