占いツクール
検索窓
今日:45 hit、昨日:21 hit、合計:18,654 hit

10 ページ12

.



いづみが告げた手伝いの内容は、思っていたより少し...いやかなり簡単なもの。

20人もの団員がいるわけだし、もっと働かされるもんだと思っていたから拍子抜けしてしまう。


「え?...ああ、あとは休日は夜ご飯も手伝ってほしいな。それと公演の時の手伝いとかさ」


「そんな、え、もっと手伝いないの?部屋まで貸してもらってるのに申し訳ないんだけど」


それでもいづみは良いの、大丈夫。と言うだけだった。


「.....俺に出来ることはなんでもするから、」

「あはは、頼もしいなぁ」





そんなこんなで夕食の時間がやってきた。
俺に出来ることはなんでもするから、そう言ったのにも関わらず俺は談話室のソファに座っていた。

手伝おうとはしたけれど、"今日は昴くんの歓迎会だから、主役はゆっくりしてて"

そう言われて無理矢理談話室に押し込まれてしまった。

仕方なく大人しくしていると隣に人の気配がした。

「あ、茅ヶ崎さん」

「さっきぶり〜。気づいたらいなくなっててビビったわ」

「...一応声は掛けたんですけどね」

まじか。その茅ヶ崎さんの目線の先にはやはりスマホ。画面には俺でも知っているようなゲームがうつっている。

__知っているというか、


「そのゲーム、俺もやってますよ」

丁度ゲームが一段落したと思われるタイミングで話し掛ける。やっと目があった。

「へぇ、意外だな。何レベ?デッキは?」

「いや、そんなにやり込んでるわけではないんですけど...」

ポケットから携帯を取り出してアプリを起動する。

ほら、と画面を見せると食い入るように画面をみられる。


「え、レベルの割りにデッキ強いじゃん。」

「...そうなんですか?」

ついでに俺はこんな感じ〜と茅ヶ崎さんが自分のスマホを俺に見せてくる。

俺とは比べ物にならないくらい最高レア度のカードが並んでいた。流石。


「時間あるならさ、俺とクエスト行こうよ」

「俺、弱いですよ?対してプレイしてないので...」

「大丈夫大丈夫〜。」


慣れた手つきで画面を操作する至さんの横顔を見ると機嫌が良さそうに笑っていた

(思ったより気さくな人なんだなぁ...)




□ □

こんばんは。今お気に入り登録者数を見たら200人越えしていました。本当に嬉しいです、ありがとうございます。

これからもどうかよろしくお願いします。


次回!ついに昴、マスクをはずす......!?

11→←9



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (76 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
275人がお気に入り
設定キーワード:A3! , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

澤村(プロフ) - どぽぽさん» コメントありがとうございます!いつも小説読ませていただいてます...!!まさかコメントいただけるなんて思ってなかったのでとても嬉しいです!私もあだ名は迷ったんですが、友人に言われて気づきました笑 更新頑張ります! (2月9日 20時) (レス) id: 04da800d87 (このIDを非表示/違反報告)
どぽぽ(プロフ) - こういうドライ系男子好きです…。自分も小説書いてるけれど、一成が夢主につけるあだ名をどうすればよいか迷って…笑 名字にすればよかったんですね、なるほど!続き楽しみにしてます(^^♪ (2月8日 0時) (レス) id: b9e5d319f6 (このIDを非表示/違反報告)
あい(プロフ) - 翡翠**さん» ありがとうございます。翡翠さんは至さん推しなんですかね?同室ということで、少しずつ至さんとの絡みを増やしていきたいと思ってます!応援ありがとうございます、頑張ります!! (1月20日 22時) (レス) id: 04da800d87 (このIDを非表示/違反報告)
翡翠** - この夢主君、私も結構好みです!!まさか至さんと同じ部屋……わーーいぃぃ!!!← 更新頑張って下さい!!!楽しみにしてます!! (1月14日 4時) (レス) id: e7bd5eb28a (このIDを非表示/違反報告)
澤村(プロフ) - 黒猫♪♪さん» コメントありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです( ´∀`)これからも更新頑張ります! (10月13日 23時) (レス) id: 6af0b76ffb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:澤村 | 作成日時:2018年9月18日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。