占いツクール
検索窓
今日:164 hit、昨日:75 hit、合計:18,224 hit

88 ページ44

一星side


――私は、充のことを助けたいんだ。

――私達を信じて。


下らない綺麗事だ。
そんな言葉、誰が信じる。

俺は、光のためにやらなきゃいけないんだ…このチームを潰さないと…!


『Aさん、すごいね。』

『兄ちゃんの事もたくさん話してくれて、楽しかったんだ!』


…あんなに、光が楽しそうに喋っているところを見たのは、久しぶりだったな。


っ、何を考えてるんだ…!
そんなことに気を取られている場合ではない。

Aが他のメンバーと話している間に、こっそりと鞄に手を伸ばす


カバンの中には、スイッチが入っている。
そのボタンを見つからないように取り出す。

次のカーブでこのボタンを押せば、こいつらを…!


――俺達は此処に居るぞ!

うるさい…!


もう数秒でカーブに差し掛かる

押さないと。


そうわかっているのにも関わらず、俺の手は震えボタンを押すことができない


押せ…押せ…!




「充、本当に大丈夫か?」

「っ、うわぁ!?」


横を見ると、先ほど他の奴と話していたはずのAが心配そうにこちらを見ていた
Aだけではない、近くにいた明日人や剛陣もこちらを見ている


その時、驚いた勢いで手に持っていたボタンを落してしまう

ガシャン


「…なにこれ?」

「ボタンか?」

Aがスイッチを拾い上げ、興味深そうに見る

「ぽちっとな」

「あっ!!」


ボタンを押したら…!

止める前にAがボタンを押してしまう。
体から血の気が引いていくのが自分でもわかった

このままだと、Aがみんなが…!


「うわっ、なんだよ!」

その時、前の席に座っていた灰崎が悲鳴を上げる

「お、もしかして」

Aが何か気付いたようでポチポチと何度もボタンを押す

「っ、A、お前か!」

「ははっ」


「これ以上、音量上げるんじゃねぇ!!!」


バスの雰囲気が和やかになる。

……どうなっているんだ?



「…」

野坂がもう一つ、スイッチを持っているのを俺は知らない

89→←87



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 雪奈さん» 影山はアレスで姿を消してから何も出てきてないので気になりますよね。初の黒幕が女っていうのも楽しみですね! (8月4日 21時) (レス) id: 55883ffc3f (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 今回も面白かったです!!黒幕・・・私はフロイ達のお母さんか、影山かなーとは思ってるんですけど、多分流石に影山は無いだろうってことで、フロイ達のお母さんが黒幕に1票! (8月4日 17時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 雪奈さん» コメントありがとうございます。そう言って貰えると、とても嬉しいです!これからも頑張ります (8月2日 18時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 天馬とフェイが出てくれたことが凄く嬉しいです!続きも楽しみに待ってますね! (8月2日 16時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ◎SaEさん» 扱いに関しては賛否ありますよね…。主人公と天馬やフェイ達はもっと絡ませたいと思っているので頑張ります! (7月20日 19時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。