占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:17,889 hit

49 対オーストラリア戦18 ページ5

明日人は私より、ダメージが大きかったようで一度ベンチで休む

「…てめぇもなんで邪魔しやがった」

明日人に向けて灰崎が言うが、目線は私と明日人の二人に向けられている


「…鬼道さん。
鬼道さんがチームを守るなら…俺は、サッカーを守ります!」

「どうして…僕なんかを守ったんですか?」


「…サッカーは怒りや憎しみをぶつけ合うものじゃない。このままじゃ、サッカーはサッカーじゃなくなっちゃうよ…!」

「…ちっ。今回だけは許すが、次やったら二人とも容赦しねえからな」

灰崎とヒロトは、しらけたようにフィールドへ戻る

「充、怪我はない?」

「…うん」

「そっか、よかった」

充は申し訳なさそうにうつむいている。

「…A、明日人君。ありがとうございます」

「え?気にすることないよ」

「仲間が苦しそうだったから、当然のことをしただけ」


お礼を言う充の顔は下を向いたままで見えない。
…裏切り者だとしても、この行動に私は悔いはない。自分が、やりたいようにやったのだから



「サタン様!」

「ほっほっほ!麿がシュートを決めるぞよ!」

サタンは、どんどんキャラが崩れていってるし…。
そこに、鬼道が強烈なタックルをし、サタンを吹き飛ばす


「灰崎、吉良!これを決めて真のストライカーになれ!!」

ボールは二人に渡り、あの強烈な必殺技の体制となる

「のろのろしてたら置いてくぜ?」

「そっちこそ、焦ってへまするんじゃねえぞ!」


灰崎がボールを蹴りあげ、ペンギンを呼び出す。ヒロトは上へ跳躍し、シュート体制に入る


『ペンギン・ザ・ゴッド&デビル!!』

「太陽のギロチン!…ぐぁっ!!」


二人の以前よりパワーの増したシュートは、ゴールへと入った
5対4と逆転した形の私達。


そこで試合終了。私達は、何とかオーストラリアに勝つことができた

50 対オーストラリア戦19→←48 対オーストラリア戦17



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 雪奈さん» 影山はアレスで姿を消してから何も出てきてないので気になりますよね。初の黒幕が女っていうのも楽しみですね! (8月4日 21時) (レス) id: 55883ffc3f (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 今回も面白かったです!!黒幕・・・私はフロイ達のお母さんか、影山かなーとは思ってるんですけど、多分流石に影山は無いだろうってことで、フロイ達のお母さんが黒幕に1票! (8月4日 17時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 雪奈さん» コメントありがとうございます。そう言って貰えると、とても嬉しいです!これからも頑張ります (8月2日 18時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 天馬とフェイが出てくれたことが凄く嬉しいです!続きも楽しみに待ってますね! (8月2日 16時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ◎SaEさん» 扱いに関しては賛否ありますよね…。主人公と天馬やフェイ達はもっと絡ませたいと思っているので頑張ります! (7月20日 19時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。