占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:90 hit、合計:17,984 hit

70 対ウズベキスタン戦7 ページ26

西蔭がゴールからボールを前線に送る。
そのボールは野坂に渡りドリブルで攻め上がる


「はぁ・・・っ、はぁ…」

「ゴーレム!大丈夫か?」

選手の体力も限界が来ている。


「しかし、ここまで全員連携でダーティに来られると、さすがにきついな…」

「どうやら、本性をむき出しにして来たみたいですね」

「そのようだな。このチームは全員が敵に染まってるわけか。…っ」

「灰崎、やはり足が痛むのか?」

「こんくらい痛くもなんともねェよ」

そう強がっているが、灰崎の動きは先ほどと比べ鈍い


「ここまでやられると寧ろ清々しいぜ」

「しかしすげえのは、ここまでやっても観客にも審判にも一切気付かれてねえとこだ」

「…まさか、審判もグルか?っ、一体どうなってるんだ!」


敵は選手だけでなく、審判までも私達の敵というわけか…。
…しょうがない。

「審判の件、私に任せてくれないか?」

「え?」

「…なにするつもりだ、お前」


「別に私は何もしないけど、私には優秀なサポーターがいるんだ」


ニッコリ笑い、観客席を見渡す。
しばらく見渡していると、そこには見覚えのある顔が座っていた。
その見覚えのある顔は、隣の女性に話しかけていて、どうやら意気投合しているようだった

…いや、あいつにナンパしてるのか?

そうやって呆れていると、私の視線に気が付いたのかエレンと目が合う。
審判のほうを指差してやると、エレンは親指を立ててOKサインを出した



…あいつ試合ちゃんと見てたか?
…少し不安になってきたが、私は試合に集中することにしよう。


まあ、失敗したらその時だな、うん

71 対ウズベキスタン戦8→←69 対ウズベキスタン戦6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 雪奈さん» 影山はアレスで姿を消してから何も出てきてないので気になりますよね。初の黒幕が女っていうのも楽しみですね! (8月4日 21時) (レス) id: 55883ffc3f (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 今回も面白かったです!!黒幕・・・私はフロイ達のお母さんか、影山かなーとは思ってるんですけど、多分流石に影山は無いだろうってことで、フロイ達のお母さんが黒幕に1票! (8月4日 17時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 雪奈さん» コメントありがとうございます。そう言って貰えると、とても嬉しいです!これからも頑張ります (8月2日 18時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 天馬とフェイが出てくれたことが凄く嬉しいです!続きも楽しみに待ってますね! (8月2日 16時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ◎SaEさん» 扱いに関しては賛否ありますよね…。主人公と天馬やフェイ達はもっと絡ませたいと思っているので頑張ります! (7月20日 19時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。